ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
フタミブログ

ハーレーのオイル環境パーフェクト化プラン!夏の必須メンテナンスを紹介します♪

こんにちは!
ネットショップ担当のフタミです(^^)

応援の1クリックお願いします♪

先日、梅雨が明けたと思ったら、猛暑と台風の季節が到来しましたね…💦

ハーレーもライダーも無理せずツーリングを楽しみたい季節です。

ハーレーと言ったらエンジン!

夏の暑さでエンジンがダメージを受けない様、オイル環境をパーフェクトにして、ハーレーを長く楽しみましょう♪

メンテナンスするなら夏の今です!

ネットショップを担当している私フタミが、エンジンに良いオイル関連商品を厳選しました。

オイル環境をパーフェクトにする為の商品は4種類

  • エンジンオイル
  • オイルリムーバー
  • オイルフィルター
  • 金属粉対策マグネット

お勧め商品をご紹介します!

パインバレーオリジナル■【ハーレー専用】100%化学合成プラチナ・エンジンオイル

なんと言ってもハーレーのエンジンを守るのはエンジンオイル!

そんなエンジンオイルですが、

種類が多くて、どれが良いのかワカラナイ!

結局何がいいの!?

と、私フタミもずっと疑問でした💦

そんな分かりにくい、エンジンオイルですが…

パインバレーがオリジナルでエンジンオイルを作りました。

それがパインバレーオリジナルのプラチナオイルです!

プラチナエンジンオイルは2種類

  • プラチナ・エンジンオイル
  • プラチナブラック・エンジンオイル

どちらも化学合成100%のオイルです。

他社オイルとの比較グラフと共に、ざっくりですがオイルの良さを解説します!

※規格管理を行う第三者機関に検査して頂いた数値を基にしたグラフです。

1.走行距離を重ねても、粘度低下が少ない

走行距離を重ねても、オイルの劣化(粘度低下)が少ないという事ですね♪

2.レスポンス性・熱ダレ耐性、どちらも良い

一般的なオイルは、レスポンスと熱ダレ、どちらをとる??
という二者択一があるあるですが、
プラチナオイルなら、どちらも高い性能(高い粘度指数)です!

ハーレー専用だからできる添加剤の配合(FM剤:モリブデン・亜鉛・タングステン)の恩恵です♪

3.高温時でも保護性能が高い

エンジンが高温になってもオイル粘度がヘタりにくいという事ですね!
夏の炎天下でも安心!

4.低フリクションでエンジンの動きがスルッスル♪

はじめから高濃度&限界分量の低フリクション添加剤が入っているので、エンジンの動きがスルッスル♪
無駄なパワーロスがありません♪ 他の添加剤を入れる必要も無し!

  • 耐劣化性
  • レスポンス性
  • エンジン保護性
  • 熱ダレ耐
  • 低フリクション性
  • アンチ泡立ち性

私フタミもエンジンオイルについて色々、調査したのですが

結果…

ハーレー用として…

ごまかし抜きで徹底的に数値化し、たどり着いた最強エンジンオイルがプラチナオイルでした。

あと、忘れてはいけない

パッケージケースの安さ!(笑)

いえ、笑い事ではないんですけどね(笑)

やっぱりエンジンオイルの価値は、オイルその物ですよ。

どうせ捨ててしまうケースに、コストがかかっていたらバカバカしいです💦

あと、国内生産なので流通コストも最大限に抑えています。

他社より性能の良いオイルが、安価なケースに入っている

つまり、

プラチナオイルは、オイル性能に全集中しているコスパも高いエンジンオイルです!

もっと詳しく知りたい方は、メカニック矢野の解説youtubeをご覧ください♪

プラチナ・エンジンオイル
   「ブラック」が付く、
プラチナブラック・エンジンオイルの違いですが

プラチナブラックには希少な添加剤(フラーレンタングステン)が用いられています。

これまたざっくり解説しますと、
プラチナオイルでも十分すぎる性能なんですが、
プラチナブラックの方は、エンジンが暖まる前から効果を発揮し、熱耐久性も高い特殊な添加剤のおかげで、より高性能という事です!

詳しくはこちらも解説youtube動画をご覧ください♪

エンジンオイルはパインバレーオリジナルのプラチナオイル一択です!

商品ページはこちら!

続きまして、オイルリムーバーを紹介します!

パインバレー■オイルリムーバー3 ハーレー オイル交換の必需品

販売価格¥4,200円(税込)※2021年8月現在

オイルを交換する時、

古いオイル新しいオイルが混ざるのって、気になりますよね💦

結論、混ざっても問題は無いですが、このオイルリムーバーを使えば

最大限、古いオイルを除去できます♪

詳しくはこちらの使い方動画をご覧ください。

ちなみにですが、

「プラチナブラックだと黒いから、入れ替わりが分かりにくい!」

と思いますよね?

プラチナブラックの場合、添加剤を入れると黒くなるので
先にオイルだけオイルリムーバーを使って交換し、
その後に添加剤を入れればOKです♪

商品ページはこちら!

続いて、オイルフィルターを紹介します!

PC Racing■ハーレー用FLOオイルフィルター アルミポリッシュ/ブラックアルマイト

販売価格¥15,990円(税込)※2021年8月現在

走行を重ねればエンジンオイルには、金属粉やスラッジ(不完全燃焼した燃料の燃えカス)などが混ざってきます。

キレイなオイルの状態を保つ為には、それらの不純物をオイルフィルターで濾過しましょう!

こちらのオイルフィルターは、最高品質の医療用304ステンレスメッシュのネットをフィルター部に採用し、約35ミクロンのゴミやスラッジを取り除く事が可能です。(純正オイルフィルターでは約95ミクロン)

しかも!

フィルター部分を外せるので、洗浄し繰り返し使えます!

さらに!さらに!

”ネオジウムレアアース磁石” が有り、フィルターで取りきれなかった鉄粉を逃さずに取り除く事ができます!

詳しくはこちらの動画もご覧ください♪

商品ページはこちら!

PC Racingが有名ですが、その他メーカーも同様のフィルターを販売しているので紹介します!

性能は同じで、デザインが違います♪

DNAスペシャリティ■リユーザブル ビレットオイルフィルター クローム/ブラック

販売価格¥19,800円(税込)※2021年8月現在

アレンネス■ オイルフィルター Beveled・べベル クローム/ブラック

販売価格¥22,990円(税込)※2021年8月現在

アレンネス■ オイルフィルター Deepcut・ディープカット クローム/ブラック

販売価格¥22,990円(税込)※2021年8月現在

最後に紹介するのが、金属粉対策マグネットです!

Dimple■ディンプル ドーム型超強力マグネット オイルドレンプラグ

販売価格¥5,800円(税込)※2021年8月現在

マグネット付きのフィルターに加えて、ドレンプラグにもマグネットを設ける事で、オイル内を漂う不純物を、多くの箇所で吸着・除去させる事ができます!

また、汎用マグネットも有るので、こちらも是非、検討してください♪
※「オイルフィルター用」と表記していますが、マグネットが付く場所であればどこでも使えます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Dimple■ディンプル オイルフィルター用 超強力マグネット スーパーブラックホール 4個セット

販売価格¥5,800円(税込)※2021年8月現在

いかがでしょうか?

オイルリムーバーを使い

プラチナエンジンオイルに交換して

医療用304ステンレスメッシュのオイルフィルター

金属粉対策マグネットを利用する

ここまでやれば、オイル環境はパーフェクトですね!

私フタミも使ってます♪
最高です♪(笑)

ぜひ、夏の今!

愛車に不要なダメージが加わらない様、オイル環境をパーフェクトにしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます!

ではまた!

※ブログ村参加中

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。