ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

ケンズファクトリー エアクリーナーはハイクオリティ&ハイパフォーマンス

pochi

2018年56本目のブログ更新↑今日もポチッと1クリックお願いします!!

どうも、アッキーです。

 

ケンズファクトリーリバースコーンエアクリーナーキットの取り扱いを開始しました。

36367157_2097724653633813_8639764793978257408_n

流石ケンズファクトリー製だけあってビレットの質がそこら辺の製品とは違います。

デザインもマシニングされている部分なんかもアメリカメーカーのビレットエアクリーナーとはディティールの仕上げが全然違う。

このクオリティの高さは実際に手に取って見ていただければ一目瞭然です。

6-314_3

パインバレーの店頭ではリバースコーンエアクリーナーを展示もしていますので実物をご覧いただけます。

 

そして、見た目だけではないのがリバースコーンエアクリーナーキットの凄い所

 

先ず初めにオリジナルのエアクリーナーを作ろうと思ったら、既製品のフィルターを流用してオリジナルデザインのカバーを作る方向に考えるのが一般的。

アメリカのメーカーもK&N製の同じ形状のフィルターを用いて、ブランドの色を出したアウターを製作してオリジナルとして販売してます。

もちろん変なフィルターを使うよりK&N製のエアフィルターは間違えないので、それはそれでいいことですが、、、

 

ケンズファクトリーのリバースコーンエアクリーナーは既製品のフィルターを流用するのではなく、

ハーレーのエンジン、特性に合うように吸気効率などを計算し、K&Nと共に新型エアフィルターの開発をしちゃったんです。

そのフィルターの形状がこれ↓

kens1

 

通常のフィルターとは逆向きにテーパーがかかっていて、側面(外側)の面積を大きくしてあります。

大排気量に傾向している現代のハーレーには確かにこの位フィルター面積が欲しい所です。

そしてケンズファクトリーの持ち味であるアルミビレットのカッコいいデザインで仕上げればもう言う事はないですね!?

 

エアクリーナーのバックプレート裏など普通は取り付けたら見えなくなる所まで拘った製品。

通常見えない部分はコスト削減の為マシニングせずダイキャストのままになってます。

一方でケンズファクトリーのリバースコーンエアクリーナーのバックプレート裏はと言うと、フルビレットされています。

ブリーザー部分のスペーサーカラーもこの通り。

kens3

こういう所を含め全体的なディティールに拘るからこそ良いモノが生まれるんでしょうね。

 

エアクリーナーに限らず、ヴァンキッシュマフラーウインカーグリップなどデザインから仕上げまで拘りが詰まっています。

06-101_1 11-010_1 1-102_1

その他、弊社に掲載していない製品も沢山ありますがケンズファクトリーの製品は全てお寄り寄せ販売が可能です。

店頭ではケンズファクトリー製品の取付・交換作業も承っております。

o0810108014181547532

カスタムローンもご利用いただけますのでケンズファクトリー製品でバリッと愛車全体をキメちゃいましょうか!?

 

 

ちなみにリバースコーンエアクリーナーを装着させていただいた車両がもうそろそろチューニングに入るので、性能がどんな感じに変わるか楽しみですね~。

 

チーフメカニック奥田のブログ若きメカニック&チューナー矢野のブログで紹介される事でしょう。

お楽しみに~。

 

というワケで本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

 

 

[スタッフ募集中]

只今パインバレーでは新店舗移転に伴いましてスタッフを募集しています。

地方出身の若いスタッフが和気藹々と仕事をしています!!

スタッフ募集動画を作りましたので是非ご覧ください。

ちなみに応募予定がない方にも観ていただきたいです。

スタッフ募集の詳しい情報を見る⇒

 

 

amefes   ブログ村参加中!!応援クリックお願いします。 banner-facebook
banner-twitter
banner-line
banner-instagram

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。