ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

北米マフラーは燃調がいらないって本当!?②

pochi

2018年45本目のブログ更新↑今日もポチッと1クリックお願いします!!

 

どうも、アッキーです。

「北米マフラーは燃調がいらないって本当!?① 」の続編です。

 

さて、「前回はフルノーマル状態でも燃調が必要な車両が殆どである」という説明をしましたが、

今回は北米マフラーに交換した際の燃調の必要性について書いて行きます。

まあ、今回がタイトル通りの本題って事ですね(笑)

 

車両個体差の話をすると答えが出ないので、基本的な考え方で燃調が必要不要かの目安を説明します。

 

スポーツスターモデルですと07年~13年式までの車両

ツーリングモデルも07年~13年式までの車両

ダイナモデルは07年~11年式までの車両

ソフテイルモデルは07年~10年式までの車両

 

ピンとくる方もいると思いますが、CAN-BUS仕様になる前までの年式という事。

これらの車両はノーマルマフラーで走行する場合に”まあまあ健康体”と言えるレベル。

残念ながら”絶好調”というワケではないのです。

 

北米マフラーはアメリカ本国で標準装備されている純正マフラーなので、ある程度の排気抵抗があります。

社外品の様な筒抜け状態ではないので、日本純正マフラーから北米仕様マフラーに交換しても、燃調の振れ幅はある程度狭いんです。

よって、日本純正マフラー装着時に”まあまあ健康体”の年式なら、北米マフラーを装着しても”不健康一歩手前”位で収まるワケです。

まあまあ健康体”も”不健康一歩手前”も要はグレーゾーンな状態なワケです。

今のままで大事に至る事はないけど、できれば健康体になる様に心がけましょう!

こんな状態なので日本純正マフラーを燃調なしでOKとするならば北米マフラーも燃調なしでもOKと言う解釈があります。

 

これこそが北米マフラー燃調しなくても使えますよ」と書いた発端なわけです。

しかしながら本当はインジェクションチューニングを施して絶好調にしてあげる事を推奨します。

 

ちなみにCAN-BUS仕様の高年式車はと言うと、フルノーマル状態でも”不健康一歩手前

車両個体差によっては”不健康”という判断になる車両もチラホラ。

そんな状態の車両に北米マフラーを装着したら完全にアウトになるわけです。

高年式車はフルノーマルでも北米マフラーでも、もちろん社外マフラーでも燃調は必須ですよ~。

と言う事なんです。

 

ちなみに巷では「ミルウォーキーエイトは燃調がいらないなんて話もありますが!?

答えはどっちだと思います???

ミルウォーキーエイトエンジンは燃調がいらない?燃調が必要?

 

これは次の題材にしましょう。

数日後に答えと説明を書いて更新させていただきますのでお楽しみに~

というワケで本日はここまでに

 

皆様楽しいハーレーライフをノシ

 

amefes   ブログ村参加中!!応援クリックお願いします。 banner-facebook
banner-twitter
banner-line
banner-instagram

 

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。