NEXT HARLEY BLOG

ネクストハーレーブログ

 > ネクストハーレーブログ > 燃調でエンジン熱が抑えられる理由。濃い方が火炎温度は高い!

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2019.07.19メカニックからお知らせ

燃調でエンジン熱が抑えられる理由。濃い方が火炎温度は高い!

燃調でエンジン熱が抑えられる理由。濃い方が火炎温度は高い!

 

メカニックの矢野です!

 

みなさんの1クリックが励みになります。

 

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
まずはじめにこちらをクリックお願いします!!

 

 

 

前回のブログ

「クラブハーレー8月号◆チューニング前後のエンジン熱の差を比較テスト!」

の続きです。

 

ハーレーはノーマルのデータだと少し乗っただけでエンジンが高温になって股がアツい最悪オーバーヒートなど・・・

 

ノーマルのデータのままマフラーが変わっていると余計にです。

 

 

◆何故インジェクションチューニングでエンジン熱が改善されるのか!?

 

インジェクション車両は排気ガスを綺麗に出すために

 

理論空燃比「排気ガスが最も綺麗にでる空気ガソリンの割合」

14.61 になるようにプログラミングされています。

 

スロットルをガバッと開けたところは濃いめの

パワー空燃比・出力空燃比 「最もパワーの出ると言われている空燃比」

121 131付近になるようにプログラミングされていますが、実際は全然あっていません

141だったりそれ以上だったり濃すぎたり、ガタガタです) 笑

 

それ以外のところはほとんどが理論空燃比で設定されているので薄い状態(ガソリンの割合が少ない状態)なんです。

 

なので低速が不安定だったり、レスポンスが悪かったり、力不足で乗りづらいんです。

 

ちなみに最も燃比の良い空燃比は「17前後といわれています」リーンバーンエンジンなど

 

ハーレーは14.6がMaxでそんな設定はできませんが 笑

 

◆結論

空気ガソリン

混合気が薄い(空気の割合が高い)と熱が上がりやすい

混合器が濃い(ガソリンの割合が高い)熱があがりにくい

 

その理由は理論空燃比よりも

混合気が濃い方が

噴射した燃料や燃え残った燃料の蒸発熱により、エンジンが冷やされる為です!

「霧吹き 霧」の画像検索結果

混合気が薄く火炎温度が高くなるからではないんです!

 

むしろ理論空燃比より少し濃い(燃料が多い)方が火炎温度が最も高いといわれています。

 

 

ということでチューニングのご予約お待ちしています!

 

それではこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑まだの方は1クリックご協力お願いします!

 

AR-FW_top.jpg

AR-ESW_top.jpg

 

 

インジェクションチューニング予約はこちらから!

 

スマホ燃調で熱対策!

日本正規品バンス&ハインズ■フューエルパック←10%off中なので今がチャンス

66007_01.jpg 1020-2203_17.jpg

 

セール情報です!!↓

2019062902

2019062901

2019062903

パインバレーの→ツイッターフェイスブック 、インスタグラムでは最新情報などをアップしてますのでフォローよろしくお願いします!!

ヘルメットショップへ

PAGE TOP