ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

ソフテイルマフラーの左右出し化でトルク不足、感じてませんか?

本日は、モーターステージの左右出しマフラーが装着されたFLSTFBのチューニング。


同時に交換依頼を頂いたのは・・・。


これ↓



スクリーミンイーグル■ステージI・エアクリーナーキット TWIN-CAMモデル用 [29773-02C]


純正のシルエットを崩さずハイフロー化出来る人気エアクリーナーですね。


↓これが左右二本出し独立管仕様。





最近当社でも取り付け率が増えているマフラーですね。


入庫した時点ですでに左右出になっている為、Stockのデーターはありませんので、スクリーミンイーグル■ステージI・エアクリーナーキットとモーターステージ左右出しのデーターを計測。





びっくりするくらい「トルクの谷」があるんですね。


ガソリンが少なかった為、試乗がてらスタンドまで走行しましたがこの谷のせいでしょうね・・・


加速時になんかもたつく感じがすごい。追い越したいのに追い越せない・加速したいのに加速しない、みたいな。


と、言う訳でこの悪しき「谷」を消しちゃいましょう。





↑正確にデーターを収集する為、こんな感じでマフラーのO2センサー付近に穴を開けてセンサーを取り付けます(勿論、測定が終わったらボタンキャップボルトで穴はふさぎますし、ヒートガードで隠してしまえば目立たなくなる大きさです。)


で、高年式の車種は4ピンのデーターリンクモジュールが使用出来ない6ピンを使用している為、スーパーチューナーを介してデーターを収集していきます。


↓これが普段の計測画面。



↓スーパーチューナーとダイナモメーターのコラボ。



って、別にどうでも良いですよねこんなの(笑)


さて、これからデーターを沢山収集していきます・・・。


つづく。

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。