ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

パインバレーの試乗車48チューニングデーター【インストールのみ】からオリジナルチューンに!

弊社でまだシャーシダイナモが無かった頃、「とりあえず、つなぎとして試乗車のチューニングデーターをインストールして、シャーシダイナモ稼働後きっちりチューニングしましょうね」と一旦お出ししていたお客様。


チューニングの方向性が固まりいよいよ本チューニングに。


前々からお伝えしている通り、幾ら同じ年式・車両・カスタム内容だったとしても人間一人一人に個性があるように車両にも個性がありますので、その車両の本来のポテンシャルを余すことなく発揮するためにはやはりシャーシダイナモを使いながらきちんと車両の状態を診断して調整していくことがとても大事になります。


たとえば、「カリカリのレース仕様にしてくれ!」とリクエストを受けて作られたデーターを「街乗りでドコドコ走りたい」と言う方にインストールした場合、当然乗りにくい。その逆もしかり。


他人の車両のチューニングデータを入れたらノッキング出まくりなんて事になったら目も当てられませんね。


データーと使いまわすと言うのはつまりそういうリスクがあると事です。


と言う訳で、今回は・・・





コチラの車両をチューニング。


先程お話ししたように、とりあえず書き込んだパインバレー試乗車チューニングデーターをオリジナルチューニングに。


仕様は北米マフラー12mmパンチアウト・スクリーミンイーグルステージⅠエアクリーナーから、北米マフラーを20mmパンチアウトに拡大&NHRSハリケーンエアクリーナーに変更しスーパーチューナーにて本チューニング。


そして、完成したのがコチラ。





青 ・ Befor MAXパワー 69.49   MAXトルク  9.80


赤  ・After  MAXパワー 76.44   MAXトルク  10.31


ドノーマルから比べたらBeforeの時点でもトルクの落ち込みなども無く、それなりに良い感じですが・・・・。


Afterをご覧いただいて一目瞭然だと思いますが、更にパワーが上がっているの、わかりますよね。


オーダーメイドチューニングで「本来の持ってる力」発揮させてみませんか?


ベースマップって何。


他人のチューニングデーターの使い回しは危険です。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。