ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

ミルウォーキーエイト用のバンス&ハインズ ターンダウンマフラーが入荷!!

pochi

2017年76本目のブログ更新!!ポチッとしてってください!!

どうも、アッキーです。

 

今月はバンス&ハインズセールをやっている事もアリ、最近はバンスネタが多くなってますが、

20170930VH

セールと時を同じくしてバンス&ハインズの新製品が続々と入荷してくるので合せて告知しております。

 

今回入荷したマフラーはミルウォーキーエイト用V&Hターンダウンスリップオンマフラーです。

2017年モデルからツーリングファミリーにはミルウォーキーエイトエンジンが搭載され、

マフラーの適合がガラッと変わってしまったため、バンス&ハインズも昨年から開発に追われている事でしょう。

もうすでに2017年モデル販売から1年が経過し2018年モデルも販売が始まり既に納車された方もいますね。

ツーリングモデルは20172018も同じくミルウォーキーエイトエンジンを搭載しておりますので、

ヘッダーパイプ(エキパイ)スリップオンマフラーも適合は全く同じで変更はありません。

 

 

バンス&ハインズでは1年かけてようやくマフラーのバリエーションが増えてきました。

そんな中で今回入荷したのはかなり人気のあるターンダウンスリップオンマフラーです。

~2016年までのツーリングモデル用のターンダウンマフラーは売れ筋TOP3に入ってます。

 

16762_1

ターンダウンスリップオンマフラーはこんな感じの形状です。

 

音量は大き目で歯切れも良く低音サウンドです。

通常のマフラーに比べてターンダウンマフラーは出口が下に向いているため地面をたたく様に音が広がる為、独特の排気サウンドになります。

形状もサドルバッグより大きくはみ出るのでマフラーの存在感がバッチリあります。

16762_4

太さは4インチ径ですのでストレッチサドルバッグやサドルバッグエクステンションとも併用可能です。

 

ターンダウンスリップオンマフラーだけでもそこそこの音量は出るのですが、ミルウォーキーエイトエンジンは少々排気音が控えめになる傾向です。

大音量・爆音を求める方はバンス&ハインズヘッダーパイプと併用すると良いですよ!

 

バンスヘッダーパイプは2種類あります。

 

1802-0380_2

ドレッサーデュアルという2-2の独立管タイプ

 

16871_1-800x640_1R

パワーデュアルという2-1-2の集合管タイプ

 

どっちを選べばいいか!?

↓こんな感じで選んでいただくと良いですよ~。

歯切れの良さやドコドコ感をより多く求めるならドレッサーデュアル

性能面を取るならパワーデュアルです。

 

ちなみにステルスヘッダーはもっといいヘッダーパイプですよ。

stealthMI8_01

性能面はパワーデュアル以上でなんといっても特殊セラミックコーティングによりエキパイが熱くなりにくいんです!!

右足を下した時にエキパイってちょっと触れただけでメチャクチャ熱いでしょ!?

厚手のデニム履いてても気が付いたら「熱っちっち」ってなりますよね!?

ステルスヘッダーにしたらデニム履いてれば少し触れる程度なら全然熱くないです。

 

というワケで本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

amefes

ブログ村ハーレーブログ参加中!!応援クリックお願いします。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。