US MUFFLER

北米マフラー

 > 北米マフラー > 北米マフラーとは

  • 求人
  • お友達紹介キャンペーン
  • チューニング + デバイス込みでこの価格!
  • 2017ツーリング用マフラー勢ぞろい!
北米マフラーって何?

WHAT'S US MUFFLER?

北米マフラーとは?

アメリカ、カナダの北米仕様の純正マフラーのことで、アメリカのバイクといえば「ハーレー」ということから、ハーレーの北米仕様純正マフラーのことを「北米マフラー」と呼んでいます。

憧れのハーレーのオーナーになったものの、ハーレー独特の排気音や、パワー感に物足りなさを感じる方も多いのではないでしょうか?

日本純正のマフラーは、排気口径を小さく絞り、排気の抜けを悪くすることによって厳しい排ガス、音量規制に対応しています。

「北米マフラー」を装着すると、アイドリング音が力強くなり、気持ち良く吹け上がるようになり、ノーマルのスタイリングを維持したまま、ハーレー本来の乗り味とサウンドをお楽しみいただけるようになります。

「北米マフラー」を装着するだけでアメリカ仕様のパワー&トルクアップと燃費の向上が図れます。

北米仕様マフラーと、日本仕様マフラーの性能比較

北米仕様マフラーと、日本仕様マフラーの性能比較
ノーマル 北米 TP+S&S
パワー 52.71ps 69.67ps 16.95ps
トルク 7.81kg-M 9.31kg-M 1.5kg-M

北米マフラーは、ハーレーの本来のパワー&トルクが引き出せる、バランスの取れたマフラーです。

グラフは車両フォーティーエイトで、北米仕様マフラーと、日本仕様マフラーの性能をシャーシダイナモで計測したものです。

パワー&トルク共に北米マフラーが日本仕様マフラーを大きく上回っていますが、特に回転数2,000rpm~3,500rpmの実用域でのトルクが高いことが分かります。

ハーレーはレッドゾーンまで回す高回型のバイクではなく、低中速域でのトルクで楽しむバイクです。加速時や登坂時、車を引っ張る基本的な力が強くなれば、シフトチェンジが少なくなり、ラフなアクセルワークで走行できるので乗り易さが増します。

理論的にはちょうど美味しい回転域のトルクがアップされれば、ノッキングが減少し、エンジンにストレスを与えません。出だしにおける加速が良くなり、アクセルの開度が少なく済むので、燃費が良くなる傾向になります。

※今回はXLモデルでの測定値ですが、その他のモデルも北米マフラーを装着すれば、同様にパワー&トルクの向上が図れます。

\ おすすめ /

北米マフラーやスクリーミンイーグルマフラーの音を比較した動画

日本仕様じゃ物足りない!

日本仕様の純正マフラーでは、ハーレー独特のサウンドや鼓動感を得られないため様々な社外品のマフラーが販売されていますが、これでは音量が大き過ぎてしまって近所迷惑になってしまうこともしばしば。

「北米マフラー」をご購入されたお客様からも「日本純正に比べて静か過ぎず、うるさ過ぎず、上品な音質と音量で、長距離の走行も疲労が少なく、適度な音量のためオーディオ音を邪魔されず快適に走行できました」とご好評いただいています。

高価な社外品のマフラーを冒険して購入するよりも、北米仕様の純正マフラーの方が、クロームの品質、音質も良く、低、中、高速とバランスが取れて乗り易くなり、長距離走行でもイヤな音域のうるささがないので疲れが全然違い、飽きがこない長く楽しんで利用出来るマフラーだと思います。

(程好い音量なので、警察にも止められる事が無いでしょう)

「北米マフラー」はうるさ過ぎないジェントルな音質を楽しみたい方に最適なマフラーです。

※北米マフラーで日本の車検は通りませんのでご注意ください。

さらに性能をアップする「パンチアウト加工」

パンチアウト加工

当社パインバレーが先駆けてご提案させていただきました「パンチアウト加工」を施すことで、更に鼓動感のある上質な重低音を楽しめるばかりでなく、トルク&パワーアップ、燃費の向上が図れます。

パンチアウト加工」は簡単そうですが、マフラーの深く奥まったところにある遮蔽板の中央をキレイに穴あけ加工するのは、かなりのコツと経験が必要になります。
当社では特殊な専用工具を開発したことで、500セット以上の加工実績がありますが今まで失敗したことはありません。
また、穴のサイズは車両で1万キロに及ぶ走行テストを重ね、ノーマルのロムで支障のないベストなサイズをご提案させていただいています。
マフラーご購入時にご注文いただけましたら、無料で「パンチアウト加工」を行わせていただきます。

パンチアウト加工の詳細

パンチアウト加工の性能比較

グラフによるパンチアウト加工の比較

フリーダイヤル・カウンセリングシステム

当社パインバレーでは、お客様に最適なマフラーをご提案させていただくため、電話料金無料のフリーダイヤルによるカウンセリングシステムを導入しています。

気のマフラーやパンチアウト加工のこと、質問やリクエストなど、北米マフラーのことならどんなことでもお気軽にお電話ください。

0120-918-469

試聴・試乗システム

当社パインバレーでは、スポーツスター、ダイナ、ツーリングの3台の車両を所有していますので、実際に音を聴いたり、鼓動感やパワーを確かめてからご購入されたいお客様は、お越しいただけましたら試聴および試乗していただくことができます。

他のお客様と重なってしまいますとお待ちいただくことになってしまいますので、事前にお電話でご来社のご希望をご連絡ください。

チューニング車両試乗の詳細0120-918-469

RELATED NEWS & BLOG

関連ニュース一覧はこちら

PAGE TOP