ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

本日のチューニング。2012 FXS ブラックライン



2012 FXS
マフラー バンス&ハインズ●07-12 ソフテイル ツインスラッシュ スリップオンマフラー クローム
エアクリーナー RSD ドミノ エアクリーナーキット
チューニング端末 スクリーミンイーグル■PRO スーパーチューナー [32109-08C]






青 ・ Befor   MAXパワー 73.06   MAXトルク  11.63


赤  ・After   MAXパワー 74.06   MAXトルク  11.66


チューニング前、すでにお客様自身でフューエルパック2にてセッティングをされておりまして、結構良い線言ってました。


既にパワーも出切ってしまっているので、後はひたすらスロットルポジション100%・80%・60%・40%・30%・25%・20%・15%・10%・7%・5%とフロントシリンダー・リアシリンダーそれぞれのAir/Fuelを測定し理想な空気・ガソリンの黄金比になるよう調整。


勿論、グラフでは表せませんがアイドリング時のめっちゃ薄い空燃比もしっかり調整していますので、夏場の熱対策には充分効果を発揮します。


これはフューエルパック2では出来ない調整部分ですね。


結果としては、加速時のトルクはUPした(させた?)もののMAXの部分で言えばパワーもトルクもほとんど上がっておりません。


が、あくまでも上記のグラフは全開域でのデータなので、街乗りで言えばあまり出番のない部分。


チューニングでは全開域以外の部分のチューニングも徹底的に見直して調整してくのですが、街乗りではそこが一番重要だったりしますね。


勿論、チューニングしている本人としては過程を知っているので、Befor・Afterではバイクがどんどん調子よくなっている実感が感じられたのですが(アフターファイヤーの低減など)果たしてこの微妙な違い、気付いてもらえるかなぁ~とちょっと心配してたのですが・・・。


↓納車時の試乗結果はYouTuneにて~





絶好調な愛車で良いバイクシーズンをお過ごしください♪


Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。