ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

キーフォブで設定できるあれこれ②



セキュリティー機能が付いているのについついセキュリティーをかけ忘れて車両から離れてしまう・・・。


そんな忘れん坊さんにお勧めなのがこのモード。


この設定をすれば、イグニッションをOFFにして30秒後、自動でセキュリティーを作動させる事が出来るんです。


設定方法はコチラ
    ↓

セキュリティーの自動設定
No 手順 確認事項 備考
1 エンジンストップ/ランスイッチをOFFに入れます。 セキュリティーランプが点滅していない(車両のセキュリティーが解除されている)事を確認します。
2 イグニッション/ライトスイッチON-OFF-ON-OFF-ONと操作します。
3 左ターンシグナルスイッチを2回押して離します。 車両の仕様により、ターンシグナルとインジケーターが2~4回点滅します。 北米、米国内及び日本仕様のセキュリティシステムでは2回点滅。欧州、HDI仕様では3回あるいは4回点滅。
4 確認点滅が開始するまでキーフォブボタンを押し続けます。 ターンシグナルとインジケーターが1回点滅します。
5 確認点滅が開始するまでキーフォブボタンを押し続けます。 ターンシグナルとインジケーターが2回点滅します。</
6 左ターンシグナルスイッチを1回押して離します。 ターンシグナルとインジケーターが点滅して現在選択中の設定が表示されます。 1回点滅:自動設定無効
2回点滅:自動設定有効
7 左ターンシグナルスイッチを押して離し、モードを選択します。 ターンシグナルとインジケーターが点滅した回数で、選択したモードを示します 1回点滅:自動設定無効
2回点滅:自動設定有効
8 イグニッション/ライトスイッチをOFFにします。
完了。



一応設定している動画を撮ってみたのですが、各手順までが早すぎて文字説明が入れられないので、「大体こんな感じで操作します」というイメージトレーニングの教材にしていただければと思います。














↑アッキー店長&りゅうくんのブログはこちらからもお楽しみいただけます。

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。