ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

TC96ダイナ・インジェクションチューニング後のテストライド


2013年114本目のブログ更新!!↑ポチッとよろしくです。

どうも、アッキーです。

先日、伊豆半島ツーリングに行ってきた記事を書きました。

このツーリングの目的はインジェクションチューニング後のテストライドです。

【インジェクションチューニング後のテストライド】伊豆半島ツーリング

↑先日の記事では私のスポーツスターXL1200Rの事を書きましたが、

今回は、一緒にテストライドを行った、TC96ダイナFXDFのテスト結果をお伝えします。

まず当社のダイナモデルの仕様は↓この通りです。

2009年FXDF/ダイナファットボブ(TC96)

■マフラー
標準装備トミーガンタイプからスタッガードタイプ(FXDLの標準エキパイ)に変更
サイレンサーは北米マフラー/12mmパンチアウト(触媒入り)

■エアクリーナー
S&Sティアドロップ・エアクリーナーキット

■チューニング・ディバイス
ダイノジェット パワービジョン
PPLオリジナルインジェクションチューニング済み

以上の状態で私のスポーツスターと並走して走りました。

先ずは、街乗りメインの平均的な走行を。


そして第一給油ポイントでの測定

143.8km走って6.86Lの給油=1Lあたり20.96km走行

私のスポーツスターより全然燃費が良いですね!!

走り方が上手いのかな???

排気量大きいから燃費悪いのかな、と思いきやそうでもないみたいですね。

やっぱりインジェクションチューニングでトルクアップしてるので燃費が良くなるんでしょう。

私のスポ同様に1回目の給油を終え、チューニングマップを入れ替えて違うフィーリングもテスト。

入れ替えたのはもちろん燃費を良くするデータマップ。

暫く走ってから、様子を聞いてみる。

スポーツスターと同じくマップを入れ替えても特に乗り味に影響は出ていないらしく、

それまで通り気持ちよく走れているとの事。

先日の記事には書きませんでしたが、実は少しの区間、ダイナとスポ乗り換えをして走行してみました。

その時の私の感想

ダイナはトルク感がホントに半端ないです。

コレぞハーレーと言っていいでしょう。グイグイと押される?引っ張られる?感じで低回転でモリモリ走ります。

スポーツスターも良い塩梅ですが、ダイナも乗ってて超面白い!!

2,000rpm以上は一般道では使用しないのではないかと言う感じでした。

第二給油ポイントでの測定

2回目の給油は133.0km走って6.92Lの給油=1Lあたり19.21km

燃費が良くなるモードだったのに少し燃費が悪くなるという結果に・・・・

も、もしかして・・・・これって私のせいでは!?

気持ち良すぎてアクセルを少し回し過ぎてしまったかなとは思いましたけども。。。。

でもでも、19.21km走っていれば十分燃費良いですよね!?

そして2回目の給油を終えて、最初のマップに戻し、最後の高速走行テストに。

東名高速で○km/hで巡航。※○の部分は危なくない程度の速度、数字は想像にお任せします(笑)

スポーツスターで巡航時5速3,500回転位でしたが、

この時ダイナは6速3,000回転でした。

そんでもって途中で多分4,000近くまで回したんでしょう・・・・追いつかないで見失いましたから(笑)

普通に走ってたら高速道路でも3,000回転で十分なんですねぇ。

いやはやスゴイもんです。

というワケで最後の給油ポイント

気になる燃費は、102.9km走って6.16Lの給油=1Lあたり16.70km

あれれ!?高速走行では少し燃費が落ちましたね。

「高速で回しすぎたんじゃないですか!?」と言ってたのですが(笑)

後日ログを解析してみましたところ、、、

チューニング前とチューニング後で使用する回転域やスロットルポジション等が大幅に変わってるんです。

と、言う事で、すこーしだけ空燃比テーブルの的がズレていました。

※空燃比テーブルとか言ってもなんのこっちゃか分からないかもしれませんね。これ説明するには膨大な時間を要するかと思うので、機会があれば書きましょう。

兎に角、コレが原因で2回目や3回目の燃費が少し落ちてしまったという感じですね。

いくらシャーシダイナモの上で測っても、やはり実走行をして確認しないと分からない部分もあるんです。

今回の実走行テストはこういった部分を見比べるのも目的でしたので、良いデータが取れました。

このテストライドで得たものはインジェクションチューニングを行った全てお客様の車両にも反映させていただいております。

しかしながら人それぞれ走り方は違いますので、それがベストとは言い切れません。

パインバレーのインジェクションチューニングは3ヶ月間の保証を付けておりますので、

チューニング後にツーリング、テストライドに出かけて下さい。

そして万が一気になる点がある場合にはリセッティングにお越しください。

保証期間内でしたら何度でもリセッティングをさせて頂き、お客様と車両の相性をバッチリに致します。

ハーレーのインジェクションチューニングとは???

では、本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

パインバレー/マフラー
↑↑↑パインバレーのネットショップへ↑↑↑

↓↓↓東日本大震災復興応援プロジェクトへのご支援心よりお待ちしております。↓↓↓ 

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。