HD x SUZUKI

HD × SUZUKI

 > HD × SUZUKI > FP3でオートチューンしたデーターからノーマルデーターに戻す方法。

  • お友達紹介キャンペーン
  • チューニング + デバイス込みでこの価格!
  • 2017ツーリング用マフラー勢ぞろい!
  • 求人

2017.07.12DYNO Tuned by P.P.L

FP3でオートチューンしたデーターからノーマルデーターに戻す方法。

FP3で実走によるオートチューンを行い、エンジンを快適な状態へと導いて行きますよね。


で、次に疑問になるのが「オートチューンのデーターのまま車検は通るのかどうか?」と言う事。


この質問に返答するとしたら・・・「オートチューンのみを行い、その他の燃調をつかさどるデーターに手を加えなければ基本的には車検に通せます。」です。


裏を返せば「オートチューンで燃調しても、その程度の調整しかできませんよ」って事にもなる訳ですが(笑)


当社で車検を通す場合でも、車検時にノーマルデーターに戻して車検場に持って行くケースはごくまれ。


まあ・・・プロに依頼する場合はチューニングデーターでも問題は無いです。


が!


費用の関係などなどでユーザー車検にご自身で陸自に持って行くなんて方もいらっしゃいますよね。


そんな方は「念の為」ノーマルデーターに戻して車検を受ける事をお勧めします。


まあ、せっかくスマホで簡単にノーマルデーターに戻せる訳ですから・・・使わない理由は無いですよね(笑)


と言う訳で、ノーマルデーターに戻すには・・・・


IMG_0062
メニュー画面で【表示/マップ編集】をタップします。


IMG_0063
次の画面の【[0]ストック】が元々入っていたノーマルのデーターになります。
ノーマルデーターは例外なくこの[0]番に読み込まれますので、【0番はノーマルデーター】と覚えておけば良いです。


ノーマルデーターの0番をタップすると・・・


IMG_0064


↑この様な画面が出ます。[0]ノーマルデーターは編集も表示も出来ませんので、続けるをタップした時点でノーマルデーターのインストールが開始されます。


続けるをタップした後、FP3の指示に従いイグニッションをON・OFFします。


IMG_0065


最後にこの画面が表示されたら[完了]をタップします。これでオートバイは純正データー(初期MAP)に戻ります。


車検終了後はまたデーターをオートチューン後のデーターに戻すのをお忘れなく!!





↓画像のどこかをクリックすると良いことが・・・☆

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

他の記事を読む?

FP3の購入はこちらから。

PAGE TOP