ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

ノーマル車両でもチューニングする意義はあります。

フルノーマルでもチューニングはした方が良いの?

と言う質問を時々頂きます。

勿論、マフラー・エアクリーナーなどすべてが純正だからと言ってインストールされているデーターがその車両に合っているとは限りません。

つまり、「チューニングは必要です」と言う答えになります。

それは・・・

車両一台一台個性(個体差)があるからなんですね。

JMCA付きの車検対応マフラーでチューニングをご依頼いただいたことは数件ありますが、今回は純正マフラーでのチューニングのご依頼をいただきました。

ただし・・・エアクリーナーはハイフローに交換させていただいてます。

車両はXL1200CA。

XL1200CA
青い曲線が完全なノーマル仕様のパワーとトルク。赤の曲線がエアクリーナーだけハイフローに交換・マフラーはノーマルでチューニング済。

一番違いが出ているのは1500RPM~2500RPMにかけての差が、チューニングあり無しでこれだけ違いがでます。

つまり、チューニング後はノーマルマフラーでもトルクが増していると言う事です。

勿論、マフラー・エアクリーナーまで交換してチューニングしている車両に比べたらMAXパワーもMAXトルクもそれほど数値は高くありませんが、チューニングしてあげる事で確実にオートバイは健康な状態へと変わります。

そりゃ・・・せっかく高いお金を払ってチューニングするのだからパワーアップするに越したことはありませんが・・・。

パワーUPする事が必ずしも良いのではなく、如何にオートバイが健康体で永く乗り続けられるように出来るか。これもチューニングする事の意味じゃないでしょうか?

フルノーマルだからチューニングは必要ないと言う声も多く聞かれますが、果たしてそうでしょうか?

上のグラフを見てもチューニング不要を言えますか?

これだけは言い切れます。

「フルノーマルでもチューニングしてあげることで、エンジン熱は確実に下がります」

と・・・。

↓お客様から感想をいただきましたのでご覧ください。

↓画像のどこかをクリックすると良いことが・・・☆

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

他の記事を読む?

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。