ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

エンジンがふけあがらない・・・

先日、サンダーマックスからディレクトリンクに乗り替えチューニングでお預かりした2007年式のツーリングモデル。


サンダーマックスが悪さをしているらしく、電子スロットルを幾らひねっても反応が無い。


どちらにしろサンダーマックス自体も調子悪そうだし、ノーマルECMに交換してO2センサー付け直して一件落着かと思いきや・・・。


アクセルを捻った途端「バスバスバス・・・」と言う感じで吹け上がらず。


ん~・・・2次エアを吸っている症状に似ているよなぁ~と思い、可能性の高い個所をチェックした所やはりマニホールドガスケットがアヤシイ・・・。


と、言う訳でスロットルボディーを取り外し。





↑なんだかもう、ここから空気吸ってますよって兆候がすでにありますね。



エンジンが不調のまま走行し続けたからでしょうかね。もはやオイルでベタベタだしなんか変色しちゃってるし大丈夫かな(苦笑)


↓マニホールドガスケット前後






もう、劣化がひどく、ゴムがガッサガサ。


これじゃガスケットの役目果たさないですよね。





ガスケットを外してみましたが、もう変形もすごいし所々欠けちゃってます。


↓新品ガスケット



見比べてみると、如何に摩耗してしまっているかが解りますね。


年式の古い車両なんかだと、車体自体にトラブルがおこってエンジン不調に陥ってしまっているケースも多々あります。


この様なケースの場合チューニングして治せるものではありませんので、まずは車両が正常な状態かどうかの見極めは大事ですね。


部品がそろい次第修理してチューニングに取り掛かりますのでしばらくお待ちくださいね~。

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。