ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

リフラッシュタイプのチューニングをお勧めする理由。

前回、サンダーマックスを例にECM交換タイプのチューニングディバイスのメリット・デメリットをご紹介しました。


今回はリフラッシュタイプのチューニングディバイスについて。


パインバレーでは主に下記のリフラッシュタイプのチューニングディバイスを使い、チューニングを行っております。



↑クリックで拡大


この、リフラッシュタイプのディバイスの主な特徴としては純正のECMやセンサー類を含めたすべてのEFIシステムを、「純正を利用して」チューニングを行う点にあります。


【メリット】
・純正のECMを使用してチューニング(書き換え)を行うため、高い信頼性がある。
・排気量・インジェクターサイズの変更やその他さまざまな設定が変更可能な為、高度なチューニングにも対応できる。
・新車種やEFIのアップデートなどにも素早く対応してくれる(特にスーパーチューナー)


【デメリット】←と言っても、ご自分でチューニングディバイスを購入してチューニングしようとした場合ですけど。
・チューニングにはパソコンが必要
・自走などでデーターをサンプリングし数値を希望の数値に編集した後ECMへ書き込みを行う作業が必要。
・高度なチューニングを行う事が出来る反面、作業する人間に対し高度な知識を求められる。
・一度チューニングした後マフラー交換・エアクリーナー交換をする場合基本的に再度チューニングをする必要がある。


ここで重要なのは、
【自走などでデーターをサンプリングし数値を希望の数値に編集した後ECMへ書き込みを行う作業が必要】
【高度なチューニングを行う事が出来る反面、作業する人間に対し高度な知識を求められる】
と言う点。
自走=一般公道を走行する為やはり危険が伴う上、幾ら熟練チューナーと言えど公道ではデーターをサンプリング出来る幅も限られてしまいます。


勿論、バイクを乗る乗り方の「癖」は人それぞれです。
自走でチューニングしてもらったけどイマイチフィーリングが合わないなんて言う声を聴く事もありますが、やはり自走でのチューニングは作業する人の癖が出てしまいがち。


もし、広範囲でデーターをサンプリングできたとしてもやはりその先にはそのデーターをどう料理するかという「高度な技術が」求められます。


逆にシャーシダイナモが在っても、そこでサンプリングしたデーターをどう判断し料理出来るか、そこの技術が無ければやはり「せっかくチューニングしたのに乗りにくい・・・」と言う事になります。


パインバレーではチューニングをより身近に・極力リーズナブルに・安心してTunedバイクを乗って頂くために、高い技術力で日々チューニングを行っております。


【安心して】オートバイを乗って頂きたいと言う思いでリフラッシュタイプのチューニングをお勧めしております。


店舗ではチューニング車をご用意いたしておりますので、少しでもチューニングに対して興味があれば、是非試乗してみてくださいね。


きっとチューニングへの意欲が高まりますよ。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。