ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

トライクのフルエキ交換もお気軽にご依頼ください。

近頃トライクでお越しいただくお客様が多くなってきました。


それに伴って一番多い質問がやはりマフラーについて。


トライクって、ツーリング用のマフラーならどんなものでも取り付け可能・・・・とはいかないので、マフラー交換したいけどどれが取り付けできるのかわからなくて頭を悩ませている方も多いみたいですね。


今回ご相談いただいたのは「既にトライク用のサイレンサーを取り付けたものの、音が物足りないので独立管にしてみたい」と言うもの。


はい、勿論ツーリング用のヘッダーパイプをそのまま取り付ける事は出来ません。



↑マフラーを下側にオフセットする為の【トライク用ヘッダーアダプターキット】が必要になります。


それ以外は基本的に問題なし。


バンス&ハインズのパワーデュアルヘッダーor独立管をツーリングモデルに取り付ける場合、バックギアが取り付けされていると干渉してしまい取り付けが不可だったりパイプを溶接してくぼましたり叩いて加工するのが常ですが、純正バックギアなら干渉も無く取り付け可。



↑純正のヘッダーパイプ。丁度足元らへんに触媒(排気ガスをクリーンにするやつ)が入っている為、渋滞などで熱く感じるのはそのためです。





↑独立管に交換済。触媒も無くなる為、触媒の発熱の被害も軽減されます。


勿論独立管にする事で空燃比は更に今までより薄くなってしまいますので、チューニングは不可欠。


本来で在れば、シャーシダイナモを使ったチューニングをお勧めしたい所ですが、さすがにトライクを乗せられるシャーシダイナモは持ってませんので・・・。


使用するのはコレ↓



自走である程度まで調整出来、エンジンに負担のない状態にまでは持っていくことが可能。アイドリングも勿論変更可能ですので、サブコンやエンリッチメントディバイスよりもはるかに優れものと言えます。


トライクでフルエキ交換をご検討されてらっしゃる方は、是非FP3もご検討下さい。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。