ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

TBRハイブリッドエアクリーナー&2in1マフラー販売開始!!


2016年9本目のブログ更新!!ポチッとしてってください!!

どうも、アッキーです。

Two Brothers Racing製マフラー&エアクリの取り扱いを開始しました!!



ハーレーユーザーにとってはあまり馴染のないメーカーかも知れませんね。

スポーツバイクなどを乗られていた方や興味がある方はロードレース等で見かけたことがあるのではないでしょうか???

スポーツシーンでも活躍するアメリカのメーカーからパフォーマンスエアクリーナー&パフォーマンス2in1マフラーがリリースされました。

というワケで今回はTBRのハイブリットエアクリーナーと2in1Exhaustの紹介をします。

先ずはTBRについて少し説明しておきましょう。

TBR(Two Brothers Racing)はCraig Erion(クレイグ・エリオン)氏によって1987年アメリカで設立されました。

少年時代より熱狂的なバイクファンであった彼は、国際レースで実績を残し、ロードレースを引退してからはパーツの生産と供給に全力を注いできました。
現在まで全米のロードレーサーと、ドゥカティ、カワサキ、スズキ、ヤマハ、ホンダ等数多くのメーカーのバイクをサポートしています。

数々のレース経験をバックグラウンドに持つ同社の製品は見た目のクオリティの高さと性能とを高い次元で両立しています。

今まで見たことのないハイブリッドエアクリーナーシステム!

私が勝手に”ハイブリッド”と言っているのですが(笑)このエアクリーナーの特徴は↓これ


普通に装着をした場合はハイフローエアフィルターを使用したエアクリーナーとして機能します。


そして真ん中のキャップを外し、付属のVスタックを装着するとメッシュ部分からダイレクトに吸気するファンネルタイプになるんです。

シーンに応じて2種類の吸気効率に設定できる画期的なエアクリーナーシステム。

TBRコンプV ハイフローエアクリーナー / Vスタック 2008以降ツーリング用(ソフテイル電子スロットル車用)
TBRコンプV ハイフローエアクリーナー / Vスタック 2007以降ツインカム用
TBRコンプV ハイフローエアクリーナー / Vスタック 2007以降スポーツスター用

ステンレス製2in1フルエキゾーストマフラーwithカーボンエンドキャップ


ステンレスのフルエキゾーストシステムは足元で集合される2-1(ツーインワン)構造となりトルク&パワーをアップ!!


カーボンファイバー製のエンドキャップやTBRロゴバッジがレーシー且つ高級感を醸し出します。


ステンレス製ヒートシールドも付属されているので熱対策や焼け色対策もバッチリ!!

溶接部は全て手作業のTIG溶接で施されておりディテールにまでこだわったマフラーです。


TBR■2014以降スポーツスター コンプS 2in1 ステンレス/カーボンエンド
TBR■2004~2013スポーツスター コンプS 2in1 ステンレス/カーボンエンド


TBR■2006以降ダイナ コンプS 2in1 ステンレス/カーボンエンド
TBR■1999~2005ダイナ コンプS 2in1 ステンレス/カーボンエンド

セラミックブラック仕様もラインナップ!


TBR■2014以降スポーツスター コンプS 2in1 ブラック/カーボンエンド
TBR■2004~2013スポーツスター コンプS 2in1 ブラック/カーボンエンド


TBR■2006以降ダイナ コンプS 2in1 ブラック/カーボンエンド
TBR■1999~2005ダイナ コンプS 2in1 ブラック/カーボンエンド

クロームスリップオンマフラーwithカーボンエンドキャップ

 
ソフテイル/ブレイクアウト用はスタッガードタイプの標準エキパイにスリップオンで簡単に取付可能。

 
FLS/FLSTN用はショットガンタイプの標準エキパイに取付可能。
通常のスリップオンマフラーよりも太め・長め・で迫力満点!!

 

ツーリング用は4インチスリップオンで標準エキパイだけでなくバンス&ハインズのドレッサーデュアル・パワーデュアル等とも併用可能。

HKRステルスヘッダーと組み合わせればさらにハイパフォーマンスに!!

スリップオンマフラーも全てカーボンファイバーエンドキャップが装着され、

カラーもクロームメッキとセラミックブラックをラインナップ

TBRのハーレー用パーツは日本ではまだあまり知られていませんので”他人と違うモノ”をお求めの方におススメです。

もちろんハイパフォーマンスを求める方にもおススメします!!

エアクリやマフラーを交換した場合には燃調が必要になります。

特にインジェクション車は確実にエンジンへの負担となりますので交換と同時にチューニングをお考えください。

2月中旬頃には実物を店頭に展示する予定ですので気になる方はご来店下さいね~。

では、本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。