ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

ハーレー2016期中導入モデルが待ち遠しい。


2016年7本目のブログ更新!!ポチッとしてってください!!

どうも、アッキーです。

1月も後半になり寒い日が続きます。

皆様お体は大丈夫でしょうか?

愛車のバッテリーは大丈夫でしょうか?

ご自愛くださいませ。

さてさてこの時期になると気になりはじめるのがハーレーのミッドイヤーモデルですよね!?

いわゆる期中導入モデルってヤツです。

ニューイヤーモデルに加えてこの時期に発表になるミッドイヤーモデルは毎度イイ感じの仕上がりとなっています。

2016年期中追加ニューモデルは果たしてどんな車両が投入されるのでしょうか!?

アメリカでは2016年1月27日に発表があるとか、ないとか。。。。

となると車両は3月頃の発売開始ですかね。

今年はニューモデルが出るのか!?

それとも現存車種のカスタムエディションが出るのか!?

楽しみですね~。

今までの期中導入モデル知ってますか!?


FLS Softail Slim(ソフテイルスリム)は2012年期中導入


XL1200V Seventy-Two(セブンティーツー)は2012年期中導入


XL883N Iron(アイアン)は2009年期中導入

他にも期中導入モデルは沢山あり人気車種となることが多いですね!!

既存車種を変化させたバージョンが導入される事も。


FXSB Breakout(ブレイクアウト)は2013年にCVOが先に導入されていて後からベーシックモデルが出た珍しい車種。


FXDBAはダイナストリートボブのスペシャルエディションでこれも期中導入モデル。


FXDL Low Rider(ローライダー)が復活を遂げたのは2014年ミッドイヤーだった。(※日本は2015年モデルから)

2016年ミッドイヤーはどーなるか!?

2016年モデルが発表された際に残念だったのはダイナファミリーに大きな変化がなかった事。

となるとダイナファミリーですこし刺激がほしいところですね。

ストリートボブのスペシャルエディションがあるんで・・・・

全く新しいニューモデルが出るのでは!?

なんてね。

ツーリングモデルは近年動きが激しいのでニューモデルはなさそう?

スポーツスターはダークカスタムで改良がされたばかりだからニューモデルやカスタムバージョンはなさそう?

VRSCファミリーはあまり動きが無いけどもうニューモデルへは手出ししないんじゃないかな?

ソフテイルファミリーはTC103になったり電スロ化があったりするからこれ以上動かないでしょ?

Sシリーズもソフテイル2車種でグレードアップされてるしね。。。

CVOは今まで期中追加したことないでしょ?多分・・・・

ストリート750は・・・・・いやない。

こう考えるとやっぱしダイナが一番怪しいなぁ。

1月27日(アメリカ時間)が待ち遠しいですね。

本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。