ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

ハーレー2016年最新モデルの画像を極秘入手しました!!


2015年88本目のブログ更新!!ポチッとしてってください!!

どうも、アッキーです。

先日書いた記事の通り、24日に公開されたペリスコープのライブ動画ご覧になりましたか!?

私は諸事情により日本を離れていた為(ウソです。しかし横浜にいなかったのは事実でして)

中継時にはほんの3分位しか観れませんでした。

ペリスコープでライブ配信をしている様子の動画がUPされてました!?

↓もう観ましたか???

26,190 miles. 24 time zones. The new Dark Custom and S series Harley models complete the first Periscope virtual ride around the world.See the full 2016 lineup here: http://bit.ly/1NDZQYu

Posted by Harley-Davidson on 2015年8月25日

ハーレー2016年最新のダークカスタム車とSシリーズが世界各地で走行させ、

それをライブ中継するという全く新しい試みでした。

日本でもストリート750が走行してましたね!!

私は昨日ヨコハマに戻って参りましたので、早速2016年の情報をお伝えしたいと思います。

が、しかしもう既に色々な情報が出回っている様なので、他と重複してしまう内容も多いと思います。

毎年のことながら私なりの見解と予想を書いてみます。

ブログ記事数本に分けて書く事になりそうなので、暫くお付き合いください。

そしてアメリカから極秘入手したディーラー向け展示会で撮影した画像も織り交ぜます。

先ず皆様が注目したのは2016 XL1200X Forty-Eightではないでしょうか!?



パッと見でかなり違いを感じられます。

ホイールやプーリー(スプロケット)等色々と変更されているので、まるでカスタム車の様な感じになりましたね。

良く見るとフロントフォークの太さやリアショック等も変わってます。

足回りの性能UPは嬉しいところですね。

フロントブレーキがフローティングになっている事にも気が付きましたか!?

これでブレーキ鳴きが解消されると良いのですが・・・・

色々と気になる点があるので2016年フォーティーエイトは別記事にて細かく解析をしてみましょう!!

続いて注目したいところは2016年ソフテイルモデルのエンジン排気量ですかね。



アメリカやヨーロッパでは既にTC96B(1,584cc)からTC103B(1,688cc)に変更されていました。

日本仕様だけ遅れをとっていましたがここにきて日本もTC103Bが搭載されました。

しかも↑の画像の通り2016年モデルからエアクリがあの形になってる。

って事はもしかして・・・そう言う事なのか!?

車両価格が2015年モデルと2016年モデルで変わらないなんて事になったら、

2015年モデルを購入された方にとっては少し気の毒な気もします。。。

2016年モデルの販売価格発表が待ち遠しい。

2016年ソフテイルモデルの変更点についても別記事で細かく解析をしてみましょう。

ソフテイルに興味のある方もそうでない方も結構注目しているのは新しくラインナップされたSシリーズでしょう。



なんてったってスクリーミンイーグルTC110Bを搭載しながらも、CVOシリーズではないというハーレーにとって新しい試み。

更にはUS本国だけでなく日本でも同年式で販売を開始するという非常に珍しいケースです。

しかしTC110エンジンを積んでるって事は・・・・ブレイクアウトCVOと同じように悲惨な状態なのかなぁ・・・・

この辺も含めてハーレー2016年全く新しいSシリーズについても別記事にて細かく解析をしてみましょう。

そしてそして、ツーリングモデルのラインナップには大きな変化が!?



ハーレーと言ったら”ウルトラ”(通称)ってくらい定番な車種なのに・・・

エレクトラグライドウルトラクラシックがカタログ落ち。

代わりにロードグライドウルトラが復活という流れに!

そしてロードキングクラシックもカタログ落ち。

代わりにロードキングが復活してます。

ツーリングモデルの入れ替わりについても別記事にて細かく解析しましょう。

と、大まかにはこんな感じですかね。

ん!?ちょっとまって・・・・・2016年ダイナモデルは???



え~っと車種ラインナップは変わらず・・・・

エンジン排気量も変わらず・・・・・

何かないのか!?ダイナだけ何もなしなのか???

この辺も少し面白そうな事になりそうなので別記事にて細かく解析ましょう(笑)

結果としては

2016年スポーツスターモデルについての記事

2016年ソフテイルモデルについての記事

2016年Sシリーズについての記事を1本

2016年ツーリングモデルについての記事を1本

2016年ダイナモデルについての記事を1本

順不同ですし、書きたいことが増えれば記事数も増えちゃいますけどもこんな感じで

私なりに詳しい見解と予想を書きますね。

極秘入手の画像はまだまだありますのでそれぞれの記事で公開して行きます。

お楽しみに~!!

本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。