ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

【訂正】ハーレー2014年モデル【スポーツスター】


2013年70本目のブログ更新!!↑ポチッとよろしくです。

どうも、アッキーです。

昨日公開をしました記事「ハーレー2014年モデル【スポーツスター】」の中で一部誤った情報を記載しておりました。
「ハーレー2014年モデル【スポーツスター】」の誤った部分には打消し線を入れてあります。

今回の記事は打消し線を入れた部分の訂正と追加の説明をします。

エキゾーストシステムの変更と言う部分でO2センサーの変更程度と書きましたが・・・・・全然違いました。

2014年モデルのスポーツスターはエキゾーストシステムが完全に新設計となっております。


左2014年モデル(セブンティーツー)・右2013年モデル(セブンティーツー)

この画像を見ながらも気が付かなかった私が恥ずかしくてなりませぬ。。。。。

マフラークランプの位置とかクロスオーバーパイプの位置関係を見たら全然違いますものね。

こうなるとマフラーの適合が全く変わってくる。

日本仕様の2014年モデルスポーツスターモデルがこのカタチで渡って来るのなら、暫くは交換できるマフラーが無いかも・・・・・・

どーなるかは現在調査中でございます。

ちなみに↑の画像でも分かる通りリアブレーキロッドもマフラー裏が通せなくて表に出てきてますね。

この辺に関係するパーツも今までのモノが不適合となるでしょう。

さてそれでは打消し線を入れた部分の訂正を・・・・

誤:フルエキマフラーは暫くの間はO2センサーアダプターでサイズを変更してクリアすれば良い感じ。

訂正:エキゾーストシステム(取り回しや構造)が一新されているため、現時点では適合の可否は不明でした。

ステー部分の取付けが同じなら恐らくO2センサーの問題をクリアすれば取りつくとは思いますが・・・・・

コレは調査中なので分かり次第ご報告をします。

誤:もちろんスリップオンマフラーは何の問題もなく今まで通りの適合となる。
誤:2014年モデルのスポーツスターも今まで通り「04年以降スポーツスターモデル用」のスリップオンマフラーが適合します。

訂正:2014年モデルからはスリップオンマフラーの適合は全く変わりますので、今までのスリップオンマフラーは不適合となります。

「もちろん~」とか堂々と書いててホント恥ずかしいわ~(笑)

皆様大変申し訳ございませんでした。

次回はフルモデルチェンジされたツーリングモデルを取り上げて記事を書いてみますのでお楽しみに~!!

本日はここまで。

皆様楽しいハーレーライフをノシ

パインバレー/マフラー
↑↑↑パインバレーのネットショップへ↑↑↑

↓↓↓東日本大震災復興応援プロジェクトへのご支援心よりお待ちしております。↓↓↓ 

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。