アメリカ事情通のハーレーメカニックによるSUZUKIのブログ?|HD × SUZUKI




US仕様キーフォブ、少数入荷しております。

日本仕様のキーフォブは電波法云々の関係で電波の飛びが悪く非常に使いづらい。


なんせ、反応が悪い。ひどい場合、ハンドルに押し付けないとセキュリティーが掛からない。


そして、次第にセキュリティーを使わなくなる・・・何て言う方も多いかと思います。


そんなイライラを解消するUS仕様のキーフォブが少数ですが入荷しております。


このUS仕様のキーフォブ、なんと!道路2車線分位離れてもセキュリティーロックor解除が可能な優れものです。


↓この位離れても反応いたします。



特に、泊りのツーリングなどでバイクから離れなければならない場合、盗難されないかとっても不安ですよね。


重たいタイヤロックやディスクロックなどを持ち歩く手間を考えたら、元々のキーフォブをロックのかけやすいUS仕様に変えてしまえば、荷物も少なくて済みますね。


↓設定にはちょっとコツが入りますがこんな感じです。

キーフォブの設定(北米仕様を設定する場合)
No 手順 確認事項 備考
1 エンジンストップ/ランスイッチをOFFに入れます。 セキュリティーランプが点滅していない(車両のセキュリティーが解除されている)事を確認します。
2 イグニッション/ライトスイッチON-OFF-ON-OFF-ONと操作します。
3 左ターンシグナルスイッチを2回押して離します。 車両の仕様により、ターンシグナルとインジケーターが2~4回点滅します。 北米、米国内及び日本仕様のセキュリティシステムでは2回点滅。欧州、HDI仕様では3回あるいは4回点滅。
4 右ターンシグナルスイッチを1回押して離します。 ターンシグナルとインジケーターが1回点滅します。
5 左ターンシグナルスイッチを1回押して離します。 ターンシグナルとインジケーターが2回点滅します。
6 確認点滅が開始するまで【北米仕様】のキーフォブボタンをセンサーが反応しやすい位置で押し続けます。 ターンシグナルとインジケーターが2回点滅します。 ターンシグナルの点滅まで10~25秒かかりますので、待ちます。
7 確認点滅が開始するまで【日本仕様】のキーフォブボタンをセンサーが反応しやすい位置で押し続けます。 ターンシグナルとインジケーターが2回点滅します。 ターンシグナルの点滅まで10~25秒かかりますので、待ちます。
8 イグニッション/ライトスイッチをOFFにします。
完了。



↓上記の手順を動画でUPしてます。



勿論、パインバレーでご購入頂ければオリジナルのマニュアルも付きますので、初めて設定される方でもあんしんですね。


なお、車両を乗ってきて店頭でご購入いただける方には無料で設定もさせていただけますよ。♪



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

本物志向の方に!超貴重純正ブラックマフラー(中古)少数入荷。

以前より問い合わせが多かった、純正ブラックマフラー。


本国でも中々中古品が出回らず、ご提供が出来ない状態が続いていました。


そんな事情もあり、「無きゃ作っちゃえ!」と言う事でパインバレーオリジナルブラックコーティングマフラーを作成いたしました。





↑PVオリジナルブラックコーティングハーレー北米仕様純正マフラー スポーツスター[テーパー] ’14~17年用





↑PVオリジナルブラックコーティングハーレー北米仕様純正マフラー スポーツスター[バロニー] ’14~17年用


両方ともおかげさまで大好評を戴いているのですが・・・・・


遂に!本物の純正ブラックバージョン(14~スポーツスターテーパーのみ)が入荷いたしました。





実際はもうちょっとだけあります(笑)


パインバレーオリジナルコーティングと純正オリジナルブラックコーティング、比較すると微妙に違いがあります。





左がハーレー純正ブラックマフラー。イメージ的にはエンジンに使われているリンクルブラックのちょっと光沢のある仕上げの様な質感になっています。


右はパインバレーオリジナルコーティング。こちらはリンクル塗装の様なごつごつ感は無くマットな仕上がりとなっております。


現在少数ですが、両方とも店頭に在庫が有りますので見比べてご購入頂けます。


ちなみに純正ブラックマフラーのお値段は


ランク5 ¥90.000
ランク4 ¥85.000
ランク3 ¥80.000


となります。次回いつ入荷するかは相変わらず未定なので、ご希望の方はお急ぎ下さいね。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

時代の変化に素早く対応可能マフラー。

取扱いを始めてから好調な売れ行きのジキル&ハイド マフラーシリーズ。


何故か交換してチューニングと言う流れがとても多いマフラーなんです。


そんなジキル&ハイドマフラーですが、「初!」スポーツスターへ取り付け&チューニングのご依頼をいただきました。


今回お取付けさせていただいたタイプは・・・。


↓このタイプ





「ストリートファイターブラック」って言う名前が何ともやる気を感じさせますよね(笑)


↓取り付けるとこんな感じになります。





XL883Nに取り付けると、車体との色合いが調和して良い雰囲気ですね。


勿論、手元のスイッチで音量を簡単に3段階可変出来ます。


↓全閉時





↓50%オープン





↓100%(全開)オープン





チューニング時は100%(全開)オープンでチューニングをさせていただきました。


883で北米マフラー装着&チューニングを施すと、大体マックスパワーが53馬力前後が平均的ですが、今回チューニングした車両はそれを上回る数値が出ました。


↓チューニング前・後のグラフがコチラ。





53馬力を上回り57馬力まで出ています。


勿論車両に個体差があるハーレーですので、全部の車両が同じようになるとは限りませんが。


そして何と言っても特徴的なのは、マフラーに触媒が入っている事。つまり、バルブを全閉にして車検にもっていけば通せちゃう!?って事です。(※勿論、JMCAなどの規制をクリアしている訳では無いので、100%車検を通せる保障は出来ませんが)。


バルブを全閉にしてしまえば車検に通せる位の音量まで下がるので、お住まいの環境の都合で純正以上の音量が出せないけど出かけた時くらいはハーレーらしい鼓動感を楽しみたい。


そんな方にうってつけのマフラーです。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

魔法のねじのお次は・・・魔法のボルト!?

連日大好評いただいているインジェクターチューニングボルト、通称魔法のねじ。


スポーツスター用に限り通販も始めたわけですが、売れ行きがすごく初回出品分は数分で完売・・・追加分も数十分で完売・・・。
何と言う売れ行き・・・(笑)


このブログを書いている間にも、すでに通販分・店頭分で【在庫切れ】になっている車種も出てしまっている事でしょう・・・。


そんな機能パーツの第二弾。「魔法のボルト」もとい、スムースバルブ。





ノーマルエアクリーナーに装着するだけで、クランクケース内の圧力を効率良く減圧し、その結果軽快な吹け上がりやスムーズなエンジンフィーリングの実現と、乗りやすさが向上する夢のようなパーツ。


取り付けも非常に簡単で


ノーマルのカバーとエアクリーナーを取り外し・・・。





二か所のブリーザーボルトをスムースバルブに交換し、外したエアクリーナーとカバーを元通り組みなおすだけ。





これだけでスムーズな乗り味を手に入れる事が出来ます。


現在モニターも募集中ですので、興味のある方は是非この機会にお申し込みください。


詳細は下記のリンクからどうぞ。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

遂に・・・歴史に幕。

2002年、ポルシェとの共同開発で産み出されたハーレー。


V-RODシリーズが2017年モデルを最後に生産が終了してしまう事が発表されましたね。


2002年モデルと言えば・・・





↑このカタチ。


当時、ハーレー初の水冷エンジンと言う事で大分賛否両論を巻き起こしました。(むしろ否の方が多かったかな笑)


そして、自分が整備士(ハーレー)の道に足を踏み入れたのもこの2002年。


自分の整備士人生と共に歩んでいたV-RODシリーズが終わってしまうのはなんだか寂しいですね。


そんな、今後貴重な車両になるであろうV-RODですが、爆音マフラーが装着されたままチューニングもせずに乗ってらっしゃる方、いませんか?


アメリカ仕様から日本仕様に変更されて日本で売られているハーレーは、排ガス対策の為に空燃比を薄くしてある為エンジン熱の上昇などオートバイにとって良くない状態となってます。


マフラーやエアクリーナーなどが変わってしまっていればなおさらその症状が酷くなってしまします。


貴重なバイクをながーくながーく健康的に乗り続ける為にも、チューニングは必須ですよ~。


↓どしどしお待ちしております。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

copyright © 2009-2016 yokohama pine valley All Rights Reserved