アメリカ事情通のハーレーメカニックによるSUZUKIのブログ?|HD × SUZUKI




ブレイクアウトに丁度良い!アッパーカウルkit。

ブレイクアウトにジャストフィットなアッパーカウル、取扱いいたしました。





長距離ツーリングなどで疲労の原因となる「風圧」。


大きすぎるカウルだと高速走行時に風圧でハンドルの操作性が損なわれてしまいがちですが、このサイズなら見た目にも格好良い。





運転手側から見てもスクリーンはこの高さなので、視界を阻害せずちょっと体を伏せれば疲労の原因となる「風」を避ける事ができます。


本体は黒ゲルなので、そのまま使うも良し・車体の色に合わせてペイントするもよし。


※スクリーンは別売なので、購入時はお忘れなく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



購入はこちら から。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

インジェクターチューニングボルトを取り付けしても変化しないもの。

お求めの方はご一読いただきご理解とご協力をお願いいたします。

 
 
~ご注意とお願い~

・現在、このインジェクターチューニングボルトの効果についてお電話でのお問い合わを多々頂きますが、チューニング業務が多忙の為お電話での対応が難しい状況です。


詳しく効果を知りたいと言う方は下記のNGC JAPANさんのホームページをご覧いただき、お電話でのお問い合わせは極力ご遠慮ください。

 
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





・現在商品を安定的に供給出来ない状況ですので、お取り置きや予約等の対応はお断りさせていただいております。


・インジェクターチューニングボルトの入荷状況及び在庫状況は随時LINE又はFaceBook等で告知させていただきます。
入荷状況・在庫状況を知りたい方はLINEパインバレー公式アカウントを友達追加していただくと確実です。


・インジェクターチューニングボルトは製品の特性上、店頭での取付け作業を含む販売のみとさせていただきます。
(営業日の16時以降のみご対応可能)



~作業に際して~

・現在上記の様な状況の為、商品はご来店順の「早い者勝ち作業」となります。


・チューニング業務に支障が出てしまうため、取付作業のご対応は16時~18時半までとさせて頂きます。


ご不便おかけしますが何卒ご理解の程お願いいたします・・・



————————————————————————————————————————–








取り付けて驚くべき効果を体感できる【インジェクターチューニングボルト】。


沢山の方々に「驚き体験」をしていただいております。


が、このインジェクターチューニングボルトを取り付けても影響を及ぼさない部分があります。


↓前回添付したこのグラフ。



拡大してよーく見てみましょう。




お解りになりましたでしょうか?(笑)




正解は・・・・


下にあるもう一つのグラフAir/Fuel【空燃比】。


↓見にくいので拡大しましょう。



下が空燃比、つまりガソリンと空気の燃焼比率をグラフ化したもの。


インジェクターチューニングボルト装着前・後でほとんど変化がありません。


つまり・・・チューニング後にこのボルトを取り付けしても、チューニングデーターに一切影響は及ぼしませんって事になります。


スロットルレスポンスが向上してトルクもアップするのに・・・・燃費も良くなるのに・・・・チューニングデーターに影響無し。


何て不思議なボルトでしょう(笑)


と、言う事は・・・・すでにチューニングをしてしまっている方でも、燃調を気にすることなくこのボルトを取り付け出来ると言う訳です。


チューニングで乗り味が充分激変するのに、このボルト一つで更に乗り味が変化するとなったら・・・試してみたくなりますよね(笑)


※ちなみに・・・名前に「チューニング」と言う言葉が入っているので、「これで燃調出来るの?」と言うお問い合わせをいただきますが、あくまでも車体から発生する静電気を効率よく除去するための機能パーツですのであしからず。(アーシングシステムと似たような物と言った方が解り易いでしょうかね?)







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

インジェクターチューニングボルト(魔法のねじ)入荷しました。

販売開始してから大反響のインジェクターチューニングボルトが本日再入荷!!

 
本日より販売を再開しますが販売にあたりお客様へのお願いとご注意事項がございます。

 
お求めの方はご一読いただきご理解とご協力をお願いいたします。

 
 
~ご注意とお願い~

・現在、このインジェクターチューニングボルトの効果についてお電話でのお問い合わを多々頂きますが、チューニング業務が多忙の為お電話での対応が難しい状況です。


詳しく効果を知りたいと言う方は下記のNGC JAPANさんのホームページをご覧いただき、お電話でのお問い合わせは極力ご遠慮ください。

 
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





・現在商品を安定的に供給出来ない状況ですので、お取り置きや予約等の対応はお断りさせていただいております。


・インジェクターチューニングボルトの入荷状況及び在庫状況は随時LINE又はFaceBook等で告知させていただきます。
入荷状況・在庫状況を知りたい方はLINEパインバレー公式アカウントを友達追加していただくと確実です。


・インジェクターチューニングボルトは製品の特性上、店頭での取付け作業を含む販売のみとさせていただきます。
(営業日の16時以降のみご対応可能)



~作業に際して~

・現在上記の様な状況の為、商品はご来店順の「早い者勝ち作業」となります。


・チューニング業務に支障が出てしまうため、取付作業のご対応は16時~18時半までとさせて頂きます。


★ボルト代金+工賃の合計金額
・スポーツスター 3,240円
・スポーツスター(コイル移設・メーター移設あり) 5,400円
・ソフテイル、ダイナ、ツーリング全般 7,560円
※2016年8月現在の価格です、予告なく変更となる場合もございます。



ご不便おかけしますが何卒ご理解の程お願いいたします・・・



————————————————————————————————————————–

アッキー店長ブログでも発表がありましたインジェクターチューニングボルト、通称魔法のねじ。





動画などでも「変わった!」と言う声をたくさんいただいている、不思議なこのボルト。


では、実際どういう風に変わるのか?


こちらではシャーシダイナモ上で検証してみました。


車種はXL1200X(シーガルマフラー・RSD MAXHPエアクリーナー装着&ディレクトリンクにてチューニング済)





青がインジェクターチューニングボルト装着前・赤がインジェクターチューニングボルト装着済み。


特に注目すべきは低速域~中速域のトルクがこのボルト一つでこれだけ変わっていると言う点。


「たったボルト一つで」でこれだけ変化するんですよ!?


バイクにとって「静電気」が如何に悪さをしていたのか・・・この静電気を「インジェクターチューニングボルト」で効果的に除去する事で主に次の様な変化が体感出来ました。


①スロットルレスポンスの向上
 ・アクセルを開けた際の加速が滑らかになります。


②燃費の向上。
 ・リッターで約1~2ℓ燃費が向上します。


③メカノイズの軽減。
 ・嫌なメカノイズが減り、マイルドな乗り味になります。


後は・・・・実際にご自身の体でで確かめてみてください(笑)


そして・・・個人的にはこれが一番驚いた!


それは・・・


次回の【インジェクターチューニングボルトを取り付けしても変化しないもの。】編で!!










にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

チューニングの予約がインターネットからもお手軽に出来るように案りました。

今までも、チューニングの受付をWEBにて予約いただけてましたが、この【WEB予約】を使いやすくリニューアルいたしました。


使い方は非常に簡単。





上記のバナーをクリックすると・・・


↓このような画面が現れますので



【予約する】をクリックします。



次に、ご希望日(丸の付いている所が予約可能日です)をクリック。



次に↑をクリックし・・・。



【連絡先を入力する】をクリックし・・・。



【連絡先を直接入力する】をクリック。



赤い※印の部分を全て入力して・・・


内容に間違いがないか確認したのち・・・



【予約する】をクリック!


これで、予約が完了いたします。


これならいつでもどこでも思い立ったらすぐ予約!出来ますね。
お店の営業時間内に中々電話で予約出来ないなんて方!是非このシステムをご活用下さいね~。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

ノーマルマフラーでのチューニングは有効?

昨今、騒音に対する規制が強化されたりと「音(マフラー)」に対して慎重になっている方々も多くなってきてます。


マフラーもエアクリーナーも変えるつもりは無いけど、なんせエンジンの発熱が苦痛で苦痛で・・・。


その症状、燃調がしっかりされていない証拠ですよ!


ECMに入っている、いわゆる日本のデーターは車検に対応するためにかなりガソリン(空燃比)を薄くしてあります。


その為、不完全燃焼が起きエンジン温度が上昇してしまいます。


今回はそんな、マフラーなどは交換したくないけどチューニングで調子よくしたい。


そんなご要望にお応えするべくチューニングを承りました。


車両は、最近結構見かけるようになったFLSS。








下のグラフ(AFR)を見ると、全体的に空燃比は薄い。そして、1500RPM以下の部分はかなり薄い状態。


これではエンジンが発熱し、ゆくゆくはオーバーヒートに・・・なんて事になりかねません。


と、言う訳でチューニングをしていきます。


↓青い線がチューニング前・赤い線がチューニング後。





下のグラフの赤い点線が理想の空燃比。いわゆる「健康な状態」。


チューニング前の青い線と比較すると、チューニング後の赤い線が理想の空燃比(赤い点線)に限りなく近づいているのがわかりますね。


この状態に調整してあげる事で、エンジンの異常な上昇がかなりセーブされます。


空冷エンジンなので、全く熱く感じなくなる訳ではありませんが感覚で言うと「痛いくらいの刺す様な熱さ」から「じんわりとした熱さ」にエンジンの熱の持ち方が変わります。


これはなかなか言葉では伝わりにくいですが、実際どの車両でもチューニングを施すとまず最初に皆さんが体感できる部分です。


フルノーマルでもチューニングをする意味があるのか?と言われると、マフラーなどを交換してチューニングするようなパワー感トルク感は得られないかもしれないけど、バイクが健康な状態で走るようになるので「意味はある」と言えますね。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

copyright © 2009-2016 yokohama pine valley All Rights Reserved