アメリカ事情通のハーレーメカニックによるSUZUKIのブログ?|HD × SUZUKI




乾式・湿式エアクリーナーフィルターのちがい。

社外のエアクリーナーフィルターを見ると、大きく分けて湿式タイプ・乾式タイプとありますね。


社外のエアクリーナーを探す際に良く出てくる言葉なので目に・耳にする機会も多いと思います。


違いは単刀直入に言えばフィルターにオイルが塗っているか(湿式)塗っていないか(乾式)。


掘り下げてみましょう。


【乾式エアフィルター】
・良い点
ハーレーの純正フィルターの多くは乾式タイプを採用しています。





乾式タイプの特徴としては、何と言ってもメンテナンスの手軽さ。
汚れたら多少エアブローなどで埃を飛ばして使う事が出来ますが、洗浄などが出来ない為ある程度汚れたら交換となります。
湿式のフィルターの様に洗って乾かしてオイルを塗って・・・と言う手間なく汚れたらサクッと交換できるので、手間がかかりません。
フィルター自体の密度が高く雨もはじくので、レインカバー無しでも安心して雨天走行が可能(純正は除く)。


・悪い?点
一方乾式フィルターは洗浄する事が出来ず、エアブローで埃・汚れを飛ばす程度のメンテナンスしか出来ない為、汚れがひどくなったら交換を余儀なくされる為に
ランニングコストが高い。
湿式のフィルターと違いフィルター素材の密度が高い為(特に純正フィルター)吸気効率(空気を吸い込む量)が制限される為にチューニングでパワーアップをはかりたくてもパワーアップが望めなかったりもします。(社外の乾式ハイフローエアクリーナーなどはその限りではありませんが。)


【湿式エアフィルター】
パインバレーでもっとも人気のあるS&Sやローランドサンズなどのハイフローエアクリーナーは湿式タイプのフィルターを使用しています。





湿式タイプはフィルターオイルが塗布されているので赤又は青い色をしています。
・良い点
洗って何度も繰り返し使う事が出来るので、長い目で見た時にランニングコストがかかりません。
※洗浄方法はこちらの記事をご覧ください。


フィルター素材の密度が高い乾式(特に純正)と違い吸気効率が高い為、チューニングして燃調を整えてあげれば驚くほどのパワーアップを望むことが出来ます。
これは良い事なのか悪い事なのか解りませんが(笑)吸気効率が高い=吸気音が大きくなります。


【悪い?点】
・汚れたら洗浄液で洗浄し1~2日乾かして専用のフィルターオイルを塗る必要が在る為、手間が少しかかります。
吸気効率が高い反面、雨天時などはどうしても乾式フィルターと違い雨の侵入率が高くなってしまう為、雨天時走行にはレインカバーを装着する必要があります。


チューニングをすると考えると純正フィルターは論外ですが、乾式にするか湿式にするかはご自身のハーレーの乗り方使い方で選ぶ必要が在りますね。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

テスト中。USBポート付きのスマホホルダー。

こんなんあったら便利じゃないですか?





スマホホルダー。




の・・・・・・。





USBポート付き。


スマホホルダーとUSBポートを別々で取り付けするのが一般的ですが、スマホホルダーを付ける=電源(充電)どうしよう?ってなりますよね。


山ほどスマホホルダーは発売されているのにUSBポート付きのスマホホルダーが見当たらないのは何故だろう・・・。


と言う訳で、仕入れたUSBポート付きのスマホホルダーを試乗車に取り付けしてテスト中。





市販されているあと付けUSBポートと同じくバッテリーから直に電源を供給するのですが、このUSBポート付きスマホホルダーは・・・





使わない時は電源の供給をカット出来るON・OFFスイッチ付き。
通電時の判別がしやすいように電源ON時は青いLEDが光るので、機能的にも良い感じですね。


こんな2in1なスマホホルダー、ちょっと良くないですか?


使い勝手・製品の耐久性などなどが実証出来れば売り出します。


予定。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

エアクリーナー内に衝撃的な侵入者が・・・。

先日、チューニングでご入庫した車両。





チューニングと同時に、ツーリングモデルでは大人気のカスタム「XKクローム」にてLEDカスタムも承りました。


発売開始当初「俺、電気屋か?」って位LEDの取り付けが殺到しましたが、ここの所ひと段落して久しぶりの電飾。


フルエキ交換も終了し、エアクリーナー交換に取り掛かろうとエアクリーナーカバーを外した所・・・。





巨大なアイツが。


コイツを好きな方はゼロだと思いますのでモザイク処理いたしましたが・・・そう、ゴキ○リ(笑)。


何故こんな所にコイツが・・・。


メンテナンスは定期的に行いましょうね・・・。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

待望のビッグラディウス用消音バッフル新発売!

バンス&ハインズ社から販売されているマフラーで人気のあるビッグラディウスシリーズ。





特にソフテイル系の車両で装着率が高いのがこのビッグラディウス。


なんですが・・・


皆さまが口々におっしゃるのが「音量」


まあ・・・爆音なんですよ。


でも、その独特な形状からバンス&ハインズ社からはクワイエットバッフルが発売されておらず、社外のハードコアバッフル しか音量を下げる選択肢がありませんでした。


しかし、難点なのが取り付け方法。


取り付け位置をノギスで測りマフラーに穴を開けて取り付ける作業が必要な為、取り付けが面倒臭い。


上に・・・


商品の性質上、特にブラックタイプのビッグラディウスにこのハードコアバッフルを取り付けるとヒートシールドからこのバッフルがはみ出してしまい、見た目的にやっつけ感満載なちょっとざんねんな状態になってしまうんです。しかも取り付けの構造上仕方がないのですが、排気漏れみたいな状態で取り付けされるので、風切音が混じって音質も微妙な状態になってしまいます。

売っててこんな事言うのも何ですが(笑)


しか~し!


そんな悩める日本のユーザーの声が届いたのか、ついにバンス&ハインズ社から正式にビッグラディウス 2-2専用クワイエットバッフルが発売されます。





バンス&ハインズ社の正規品バッフルなので、勿論取り付け後の状態も違和感無し。


ビッグラディウスを取り付けしたいけど爆音は無理だなぁ・・・と購入に二の足を踏んでいらっしゃる方には非常に朗報ですよね。


4月発売予定ですが、現在コチラから予約受付中です。


是非マフラーと一緒にご予約下さいね。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

オイル交換の際に是非使いたいモノ。

オイル交換の御共に・・・





オイルリムーバー2.0いかがですか?


オイルリムーバーって何ぞや?



オイル交換後にオイルをチェックしてみると、「オイルが汚い!?」なんて経験ありませんか?
微量のオイルとはいえ、古い劣化したオイルがエンジン内に残っている状態は厳密に言うとエンジンにあまり良くありません。


このオイルリムーバーを使用すれば、クランキング(ドレンボルトを外したままエンジンを数秒始動させる事)をせずに、尚且つクランクに残ったオイルを残らず排出出来るので、
汚れたオイルを新品のオイルと混ぜることなく綺麗な状態でオイル交換が可能です。


綺麗好きなオーナーさんには是非使っていただきたいですね♪







購入はコチラからどうぞ♪



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ブログランキングに参加しています。"ポチッ"と応援クリックお願いします。

copyright © 2009-2017 yokohama pine valley All Rights Reserved