ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

フォーティーエイトのプーリーを北米仕様に・・・しました。

先日からちょこちょこ揃えている試乗車フォーティーエイトのカスタムパーツですが・・・





遂にパーツが出揃いました。ヽ(*´з`*)ノ


と、言う訳で早速作業に取り掛かります。





まずはジャッキアップしてアクスルシャフト・キャリパーなどなど邪魔なものを取り外して行きます。





だいぶ端折って取り外し完了(笑)





プーリーはただハマっているだけなので、引っ張るとスポッと外れます。そして、見えている黒いゴム達が「ハブダンパー」です。リヤホイールを外す作業をしない限り見ることはありませんね(笑)


ちなみにこのハブダンパー、何をしているのかと言うと、加速や急激なエンジンブレーキ(ギアチェンジ)等を行った際に発生するトルクの変動をここで吸収し、駆動系(チェーン[ハーレーの場合はベルト]やその周辺パーツ)のダメージを減らす役目を持っています。


要はギクシャクした走りをした時に車体にダメージが及ばない&扱いにくくなるのを抑えてますよって所ですかね。


ちなみに、このハブダンパーがあると急加速等を求められる走りをする場合、エンジンから発生した回転力がドライブベルトに伝わりプーリーを回し、その回転力が一旦ハブダンパーに伝わりハブダンパーが変形する分そこにおいてトルクの伝達不足が起こってしまいます。


一般公道を走る分には全く感じないと思いますが、レース車両のように1分1秒を争う車両の場合はハブダンパーを使わない方が良かったりもします。


当社の試乗車はソルトフラッツで最高速を狙っているのでとりあえず見た目がカッコ良ければ・・・と言う理由と試乗車なんだから目立ってなんぼと言う贅沢な理由で交換しちゃいます。(笑)





と、いう事でハブダンパーが入っているパーツを外しますが、これが又カタイ!そりゃ~緩まれでもしたら命に関わりますからね、当然といえば当然ですが・・・。


僕はか弱いので(笑)ブレーカーバーと言うか弱い人間が力持ちになれる工具を使って外しちゃいます。





取り付け完了。


随分これだけでもスッキリしますね。不覚にも重量を測るのを忘れてしまいましたが、日本仕様のプーリーと比較するとかなり軽くなります。


これだけ軽ければ足回りの軽量化に貢献すること間違いなし・・・だと思います。





取り付け完了。


なんかリア周りが随分スッキリしてますね。これが本来のお姿だと思うともうノーマルプーリーに戻れませんねぇ。


と、言う訳でこのフォーティーエイトは試乗車なので乗っていただく事が勿論可能です。
乗り味がどう変わるのか?興味ある方は乗ってみてくださいな。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。