HARLEY CUSTOM BLOG

パインバレー流ハーレーカスタムブログ

 > パインバレー流ハーレーカスタムブログ > スポーツスターにテイストアップバルブを取り付ける。

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2012.01.24ハーレーカスタム

スポーツスターにテイストアップバルブを取り付ける。

スポーツスター用で、鼓動感をお楽しみ頂けるパーツ人気No.1なのがテイストアップバルブ。


当店でもマフラーをご購入頂いた9割以上のお客様が希望されるカスタムパーツです。


今回は、そんなテイストアップバルブの取り付け方法【スポーツスター編】をまとめてみました。


最後の方にテイストアップバルブの取り付け方法動画バージョンもアップしておきましたので、併せてご覧くださいね。








まず、マフラーを両方とも取り外します。取り外し手順についてはこちらをご覧ください。



こちらが取り外したサイレンサー。連結管に差し込む部分にガスケットが両方とも装着されていますので、取り外します。よほど酷く変形してなければ再利用して頂いて結構です。変形している場合は、排気漏れの原因となりますのでこの時点で新品に交換してください。


ガスケットは手で手前に引っ張れば外れる筈ですが、長い間使用されているマフラーは、ガスケットが錆びて癒着し外しにくい場合があります。
その際は下写真のようにマイナスドライバーでこじって外してください。




ガスケットが入っていた箇所にテイストアップバルブを挿入します。



テイストアップバルブを挿入後、ガスケットを元通りに戻します。その際、ガスケットがテイストアップバルブ分少しだけはみ出しますが問題はありません。



両方とも作業が終わったら車体に組み込みます。


が、ここでひとつご注意。サイレンサーを取り付け、連結管と結合する際にガスケットをしっかり連結管にはめ込まず、ガスケットが曲がって入ってしまう事がありますので、慎重に作業してください。(テイストアップバルブ自体にもガスケットが付いていますので、酷い排気漏れまでにはならないかと思いますけど・・・)


取り付けしたら、連結管部分を良く確認しましょう。きれいに収まっていれば、下写真のように均等にガスケットが360度見える筈です。



両方とも取り付けしたら完成です。


ハーレーらしい鼓動感をお楽しみください。




↓こちらはスポーツスターにテイストアップバルブを装着した時の動画です。

説明の為にリア側のみ作業していますが、フロント側も同じ手順で作業してください。







↑アッキー店長&りゅうくんのブログはこちらからもお楽しみいただけます。

PAGE TOP