HARLEY CUSTOM BLOG

パインバレー流ハーレーカスタムブログ

 > パインバレー流ハーレーカスタムブログ > XL1200Xを大改造!!

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2011.12.23ハーレーカスタム

XL1200Xを大改造!!

フォーティーエイトを一気に大改造計画実施!!


自分のカスタム像がしっかり在るから、それに向けて具体化するだけなのでパーツの選定が早い早い。


ちょっとずつ寄り道して迷いながらカスタムしていく楽しみ方も有りだけど、ゴールが決まっているならいっきにやってしまうのもアリですよね。


そんな訳でまずは・・・・





この重ったるい、エアクリーナーをひと思いに取り去っちゃいましょう!


吸気は悪いし見た目も重苦しいし。なんたってせっかくのプッシュロッドは見せびらかしたいですよね。





バコッとエアクリーナーボックスを外して、今回はS&Sの、エアクリーナーを取り付けする為の金具を取り付けていきます。





このティアドロップ型のエアクリーナーカバーは、旧車・新車問わず安定した人気を誇るエアクリーナーカバー。


隠れてしまっていたプッシュロッドがこんなに見えるようになりました。icon_lol.gif


と、同時に作業していたのは・・・





タイマーカバー


アルミプレスの純正品からアルミ削り出しの高級感のあるものに変更。
まっ平らな純正に比べてこちらはカーブを描いているので、質感も存在感も良好です。


そして・・・





この目立っているアルミ地のダービーカバーも・・・。


プライマリーケースの色と統一してしまいましょうと言う事で・・・





こちらもタイマーカバーと同じデザインと色合いのダービーカバー





黒にする事で大分イメージも変わりますね。


今回。エアクリーナーを変えるにあたり、12mmパンチアウトの北米仕様じゃちょっと淋しいと言うことで、12mmから16mmにパンチアウトのサイズアップも計り。


当然このままでは燃調も良い訳ないので、スポーツスター用のサブコンも一緒に取り付け。


エンリッチメントディバイスよりもはるかに対応範囲が広く、ボタンで簡単に燃調を変えられるので、コンピューターでのプログラムに抵抗のある方にはかなりオススメなアイテム。


冬の時期はともかく、夏場の熱対策にはエンリッチメントディバイスよりも高い効果を発揮すること間違いなしです。


今回は以上で作業終了。帰りはきっとサブコンの変化を感じていただけている・・・はず。


またのお越しをお待ちいたしております。m(_ _)m





↑アッキー店長&りゅうくんのブログはこちらからもお楽しみ頂けます。

PAGE TOP