ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

進化系横浜家系豚骨拉麺半蔵



先日の、家系ラーメンで見事なまでに撃沈してしまったので、今回は東戸塚にある「横浜家系豚骨ラーメン」の店、半蔵へ。





















このお店も過去に数度行った事があるのですが、かなり久しぶりの訪問になります。


家系が苦手と言ってるのにまた家系?とお思いでしょう?


実は此処、家系は家系でも皆がご存知の豚骨スープでは無く、かなりあっさりした豚骨スープ。


そもそも僕の中での「横浜家系」の定義と言うのは、具にほうれん草・海苔・味付け卵・メンマのいずれかを使い、スープは豚骨を何時間も炊き出して豚脂を凝縮。スープに光が反射する位の脂こってりなスープって感じなんですけど、どうなんでしょう?


まあ、細かい事は置いといて・・・。


今回は辛いラーメンが食べたい気分だったので、スタンダードなラーメンでは無く坦々麺を選択。


辛さは「大辛」「激辛」「鬼辛」と有りましたが、普通の上がいきなり「大辛」なのにちょっと躊躇して大辛に。


美味しく食べたい気分なのに鬼辛選択して我慢大会になるのはちょっと厳しかったので・・・。


で、サイドメニューはミニ餃子。


大きな寸胴で一生懸命スープを炊き出している光景を見ながら待っていると、しばらくして一風変わった坦々麺が運ばれてきました。























そう、ここの坦々麺はオーソドックスな坦々麺ではなく、坦々麺を独自にアレンジしたいわば半蔵流坦々麺。坦々麺の定番具材のチンゲン菜は無く、海苔・ほうれん草・味付け卵・味付挽肉がトッピングされています。


どちらかというと「味噌豚骨ラーメン風味の坦々麺」と言ったところでしょうか?


本家坦々麺がお好きな方から見たら「違う」料理なので、好き嫌いが分かれる所だと思いますが、これはこれでアリかなと僕は思います。
麺は中太ストレート。





















スープも「大辛」らしく赤唐辛子がスープの上に赤々と降りかかっていましたが、見た目よりも辛くは無く、丁度良い感じ。























サイドメニューの餃子も餡がしっかりした味付けで、ラーメンと一緒に食べるには丁度よい感じで、今回はしっかり完食。























ごちそうさまでした~♪























お冷がただのカルキ臭い水道水では無く、レモンを入れて一工夫してあり、豚骨スープで重たくなった口内がさっぱり爽やかに。























そんなちょっとした気遣いも重要なポイントですよね♪

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。