HARLEY CUSTOM BLOG

パインバレー流ハーレーカスタムブログ

 > パインバレー流ハーレーカスタムブログ > ★【※注意】魔法のネジをご自身で取り付けする方は気を付けましょう!!

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2017.11.08ハーレーカスタム

★【※注意】魔法のネジをご自身で取り付けする方は気を付けましょう!!

魔法のネジ[インジェクターチューニングボルト]シリーズを販売開始してから、いまだ人気を戴いているインジェクターチューニングボルト。


通販で購入されて、ご自身でお取付けされている方も多いかと思います。


が、お取付けの際ご注意が。


スポーツスターのインジェクターチューニングボルトを取り付ける際、インジェクターのホースを固定している純正ボルトを外して、その純正ボルトの代わりに「インジェクターチューニングボルト」を差し替えるのですが、まれ・・・本当にまれ・・・なケースですが、純正ボルト取り外す際、ネジを折ってしまうケースが発生しています。


このボルト、非常に大事な役割を持っておりまして・・・このボルトが折れてしまうと、フューエルホースが外れてしまう上にインジェクターも外れて結果、「走行不能」な状態になってしまいます。


で、当然外れたら困る場所なのでねじロック剤も沢山塗られており取り外しが困難。


↓コレ、お客様が折っちゃったの図。






ちなみにワタクシ、何とか取り外そうと頑張ったんですが・・・無理でした(-_-;)


そうなると、上記のパーツを交換しなければなりませんので、数千円のネジのはずが何十倍の出費と言う目も当てられない事になります。


失敗しにくいコツは、ネジを外す際なるべくエンジンを温めてあげて、部品の熱膨張を利用し(ねじロック剤は熱に弱い性質もあります。)外してあげると比較的やりやすいですよ。
で、取り付けする際・・・インジェクターチューニングボルトのねじのピッチが非常に細かい為、作業に慣れていない方だとネジが斜めに入っているのに気付かず無理やり締めてネジを折ってしまうケースもあります。取り付けする際、インジェクターチューニングボルトのネジ部が半分以上手で締まっていく事を確認してから本締めすると失敗しにくいですよ。


あ、くれぐれも作業する際はヤケドにご注意下さいね。

PAGE TOP