ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

チューニングデーターの使い回しは可能?

お問い合わせで「今まで作ったチューニングデータの中から同じ仕様のデータを入れたら調子よくなるの?」


そんなお問い合わせを受けることがあります。


実際の所はどうなのかと言うと・・・。


車両には個体差があるので、大体似たような状態にはなる可能性はありますが、100%の性能を引き出す事はできません。


昔当社にシャーシダイナモが導入される以前に、試乗車のフォーティーエイトにインストールしてあるチューニングデータに書き換えをさせていただいたお客様が、この程正式にチューニングのオーダーを頂きましたので早速現状を測定。





空燃比は平均で13.0付近にセッティングされていたデータなんですが、一番ずれているところで14.50と言う結果に。


純正のデータで良く見られるトルクの谷は使い回しデータでもある程度は消えるので、
乗った印象は「調子が良くなった」と感じると思いますが、全体的には空燃比の薄い部分がほとんどなので、夏場などエンジン温度の上昇が早くなり、とてもエンジンに良い状態とは言えません。


どうせお金を掛けるなら、しっかりシャーシダイナモで計測してセッティングを出してあげた方が結果「お得」と言う事になりますね。

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。