ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

トルクがUPするからトルクコーンって言うんです。

今回は、スポーツスターにトルクコーンをお取り付け。


これです↓



なぜトルクコーンをお取り付けになったかと言うと・・・。


12mmパンチアウトのマフラーをご自分で棒ヤスリで20mmに拡大したのは良いのですが、抜けが良くなりトルクが無くなってしまったため。


と、言う訳で早速取り付けます。


トルクコーンはココ↓

の場所に取り付ける為、マフラーは一旦全て取り外します。


これが外したエキパイのフランジ側↓



トルクコーン装着しましたの図↓



トルクコーンを取り付ける事で、パイプがどの位細くなるかと言うと・・・



↑この位(笑)
排圧をかけてあげることで、トルクを稼ぐ様に出来るという訳ですね。


勿論、本来フランジ側には何も入らないのが普通なので、このままマフラーを組もうとするとスタッドボルトとフランジのクリアランスが狭くなって取り付けできなくなってしまいますので・・・。


この純正フランジガスケットを・・・↓



取り除き・・・↓



専用のフラットガスケット に交換します↓



間にトルクコーンを入れたら全て元の通りに組み上げて完成。


さて、どの位変わったかは動画で・・・・


と、思いましたが・・・すみません、作業が立て込んでおり動画はありません。


が、感想はしっかりお伺いいたしました。


「エンジン掛けた際にしっかり排圧がかかりトルクがUPしているのがわかる!!」


お帰りになる際も・・・


「出だしで違いがすぐにわかる!!」


実際、トルクコーン装着前・装着後でエンジンをかけアクセルを回してみましたが、「お~しっかりトルクがかかっている~」というのがはっきり分かりました。


抜けの良いマフラーでトルク感の無さが気になる方は、試してみる価値ありですよ~。



クリアキン■トルクコーン 2個セット [9155]


トルクコーン装着の際はこのガスケットもお忘れなく!↓

ハーレー用■エキゾーストポートガスケット2個セット/フラット[DS-174742]

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。