ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

簡単!綺麗!ガーディアンベルお手入れ方法。

時々「ガーディアンベルが変色したらどうやってお手入れをすれば良いの?」


と質問を受けますので・・・簡単に綺麗に出来る「ウラ技」をご紹介いたします。


5分弱でピッカピカになりますので、面倒くさがりさんにオススメですよ♪。






今回お手入れするのは・・・。




普段自分が持ち歩いている会社用のカギに装着しているガーディアンベル。








両方共同じように変色してしまっているので、比較しやすいように右側だけをクリーニングします。


まず、用意するのは・・・





・アルミホイル
・重曹
・熱湯
・※ガラス容器


※容器は必ず金属以外の物をご用意ください。金属製の物を使うとガーディアンベルでは無く金属容器と化学反応を起こしますので上手く綺麗になりません。


では始めましょう。





まず、ガーディアンベルが浸る位のガラス容器を用意し、その中にアルミホイルをくしゃくしゃにしたものを敷きます。





次に、くしゃくしゃにしたアルミホイルの上にガーディアンベルを置きます。





次にスプーン1杯程度の重曹(汚れ度合いにより増やしてみても可)をアルミホイルの上に振り掛けます。










水を沸騰させ、先程準備した容器に熱湯をガーディアンベルが浸る位注ぎ、軽くかき混ぜます。
(※かき混ぜる際、金属製以外のスプーンなどを使用してください。)





すると、ガラス容器に入れたアルミホイルと重曹がすぐに化学反応を起こし、水酸化アルミニウム・水酸化ナトリウム・炭酸ガス・水素等々が発生しブクブクと泡立ち始めます。


この内の水素がガーディアンベルの酸化した部分(主に酸化銀)を還元し、元のピカピカの状態に変化させてくれます。


大体5分位放置(汚れに応じて時間は調整してください)し・・・。




時間が経ったら、ガーディアンベルを重曹水から取り出して流水で綺麗に水洗いします。


綺麗に水洗いした後、乾いた布等で水分を拭き取ります。


この時点でくすみも取れ大分綺麗になっているはずですが、ここでひと手間。





乾いた布にメタルポリッシュ(金属磨き)を少量つけ、磨いてあげると・・・(ホワイトダイヤモンドでもOK)。







驚くほどピッカピカに!!



Before

After


比較したら違いは一目瞭然ですね。


ここまでで大体5分弱で作業終了です。すべてキッチン用品で作業出来ますので、料理中など「ついで」で出来ちゃうのはうれしいですよね。


しかも、重曹水はそのまま排水として流せますので環境にも優しい。


ガーディアンベルを磨くのが面倒臭い、でも綺麗にしたい。そんな方にお勧めのお手入れ方法でした。




ちなみに・・・。


この方法、シルバーアクセサリーに特に効果絶大です。


と、言う訳でついでに僕の持っているシルバーアクセサリーも同様にクリーニングしてみました。





特に左側のシルバーリング。海外旅行の際にお守り代わりに入浴時以外はずっと身に着けているので、真っ黒。ここまでになってしまうともはやシルバークロスでさえ落とすのが至難の業ですが・・・。


約5分で・・・





ご覧の通り。


「本当かな?」と思った方は是非お試しください。


びっくりしますよ~♪


※一部塗装されているガーディアンベルがラインナップでありますが、塗装ガーディアンベルでは試してませんので、上記の方法でクリーニングする場合は自己責任でお願いします~。

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。