ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

チューニングするとなぜエンジン温度が下がるのか?

・チューニングするとエンジン温度がさがります。


・チューニングするとオーバーヒートしにくくなる。


チューニングを考え、ショップに相談すると良く出てくるワードですよね。
では、何故ゆえチューニングするとエンジン温度が下がるんでしょう?


ガソリンが濃くなるから?


濃いガソリンでエンジンが冷やされるから?


理系鈴木がもうちょっと解り易く説明します(笑)
ろうそくの炎をイメージしてみてください。


gf01b201502251000


ろうそくはほとんどの場合上の写真の様なグラデーションで炎を発します。
中心は青く、外側に行く程黄色い。
何故炎の色が違うのかと言うと、燃料(蝋)と空気の燃える比率が違うから。


中心に近い部分は燃料がすぐに供給され空気もバランスよく入って来るため、効率よく炎を燃やすことが出来ます。
しかし、外側に行けばいくほど燃料(蝋)から遠くなり、代わりに空気の割合の方が多くなります。
燃料が少なく空気が多い=不完全燃焼と言う事になります。
不完全燃焼を起こしている部分はとても高温になります。


ハーレーのエンジンがチューニングしないと熱いのは、この不完全燃焼(黄色い炎)で燃焼しているから。空気に対してガソリンが不足していると言う事です。


一方先程述べた様に、燃料と空気のバランスが良いほど青い光を放ちます。
身近な所で言うとガスコンロの炎がそうです。
青白く燃えているガスコンロの炎に水をこぼしたりすると、たちまち黄色い炎になりますよね。
これが不完全燃焼の状態です。


そして、青白い炎は黄色い炎と比べると熱を持たないと言う特徴があります。
チューニング作業を行う際、エンジン内でガソリンと空気がこの青白い炎で燃焼する状態を作ってあげる事がまずチューニングの第一の作業となります。
いわゆる弊社で言うところの【オートバイを健康な状態にする】ですね。


そうする事で、夏場皆様が悩みのタネとしている「エンジン熱」の発熱が抑えられ動画などで良くコメントいただいている「別物」な乗り味に生まれ変わる訳です。


特にエンジン熱が熱く感じられるツーリングモデルなどはチューニングお勧めですよ~。












↓画像のどこかをクリックすると良いことが・・・☆
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
他の記事を読む?

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。