ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

ココは贅沢に使いましょう。

意外と見落としがちな部分がブレーキパッドの残量。


気が付いたらブレーキパッドの残量が無くなり大慌て・・・になる前に定期的にチェックしたいですよね。


点検方法はいたってカンタン、キャリパーの隙間から残量を確認するだけ。ブレーキパッドは構造上均一に摩耗していかないので、可能な限り全周にわたって確認するのがポイント。


一方向から見たら残量があると思いこみ、異音がしてからよくよく覗いたらディスクローターを削ってた・・・なんてことになると、大きな出費になってしまいます。


これは、典型的な方減りの例。





左右を開いてみると、この様な状態です。




片方は残量あるのに・・・・





もう片方は、ディスクローター削っちゃいそうな位まで減ってしまってます。





ブレーキパッドもそこそこお値段がしますので、ぎりぎりまで使いたい・・・気持ちを抑えて早めの交換をお勧めします。


ディスクローターまで削ってしまうと、ブレーキパッド交換工賃では済まない出費になっちゃいますよ(泣)

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。