HARLEY CUSTOM BLOG

パインバレー流ハーレーカスタムブログ

 > パインバレー流ハーレーカスタムブログ > パインバレー流工具応用術。

  • PVスマートデータ
  • 12回まで金利当社負担
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2014.08.14おすすめハーレーパーツ

パインバレー流工具応用術。

フルエキマフラー交換の際に必ず必要になる、リテーニングリングの脱着。





↑これ、皆さんはどうやって外しますか?


マイナスドライバーでこじっちゃう?


荒っぽくマイナスドライバーでこじって外してしまうとリテーニングリングが曲がったり極端に広がったりしてしまいます。


そんな状態で組み込んでしまうと、マフラーフランジにリテーニングリングが収まらず排気漏れ・または破損の原因になってしまいます。


そこで!!!


パインバレーのPitでは・・・



↑この工具を使用しています。
「これって、ピストンリングを脱着する際に使う特殊ツールなんじゃ?」と気付いた方!!


そう、その通り、ピストンリングプライヤー。
(ってパッケージに書いてありますね笑)


それをパインバレーPitではリテーニングリングを脱着する工具として応用しているのです。


使用方法はとっても簡単。





リテーニングリングの角にこのピストンリングプライヤーを引っかけて握ると・・・・。





↑あら不思議。
楽々リテーニングリングが取り外せます。


勿論、リテーニングリングもねじれる事はありませんので、元から余程酷い状態で取り付けされていなければ再利用が可能に。


車検時など、ご自分でフルエキ交換をされる方、このピストンリングプライヤーは持ってるとかなり重宝しますよ~♪


勿論、本来の目的のピストンリングプライヤーとしてもお使いいただけます。


価格もお手頃価格で販売いたしておりますので、これからマフラーのフルエキ交換にチャレンジしてみよう!とお考えの方、作業の御共にそろえておくと作業効率もアップすますしストレスなく作業を進められますよ♪


ちなみにこのリテーニングリング、僕の場合はフルエキ交換の際素手で外しちゃうこともありますが・・・


良い子はマネしないでください。怪我しますから(笑)

PAGE TOP