ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

悩みのタネ”触媒”(キャタライザ)を取ってみた!!


↑↑↑応援クリックよろしくどうぞ~↑↑↑

どうも、アッキーです。

マフラーの中でひたすら排気をクリーンにしている”触媒君”。

 
彼は非常に良い仕事をしてくれているのだが。。。。

 
どうやら、限度を超えると嫌われてしまうようだ!!

触媒(=キャタライザ)とは排気をクリーンにしている金属でできたフィルタの様なもの。

 
サイレンサー側に仕込まれた触媒は意外と小さく、排気音にも影響が少ない。

 
スポーツスター・ダイナ・ソフテイル等のサイレンサー側についているタイプであれば、むしろ触媒が入っている方が低音が効くため好まれる方もいます。

 
なので、サイレンサー側に入っている位であれば、あっても悪くはないです。

環境にも良いし。

が、しかし皆様の悩みの種となっているのがツーリングモデルの様にエキパイにギッシリと仕込まれている”触媒”です。

 
09年以降取り回しが変更になったツーリングモデルのエキパイ↓

 
2本のパイプがしっかりと集合されて太くなった先の部分に仕込まれております。

 
↓こうすると分かりやすいでしょうか???

 
予想はしていたが、開けてみたらこんなに詰まってるとは。。。。

 
こりゃ、排気音に影響出ますね(笑)

 
↓コレが取れれば良い音出るんだろうけどなぁ。。。

 
思い立ったが吉日!!

何とか触媒を取り除く事が出来ました。

 
取り除き方は極秘です(笑)

 
日本純正のエキパイから触媒を取ってしまうと、車検の時に困るので日本純正はいじれません。

 
この触媒抜きエキパイは現状は店頭限定で販売しております。

 
一応どんな音になるか聞いてみたいので、モニター様を募集しております。

 
触媒抜きエキパイ40,000円にて販売させていただきます。

 
通常交換工賃15,000円ですが、限定3名様まで工賃無料にて作業させていただきます。

ちなみにサイレンサー交換がまだの方は一緒にご依頼いただければ工賃無料でサイレンサーも交換します。

さらに、今日から始まった↓”ツーリング祭り”で北米マフラーが5,000円引き!!

交換するなら今でしょ!?

 
適合車種は09年式適合が1セットで10年以降適合が2セットとなります。

取付時に動画撮影をさせていただきますので、ご協力いただける方限定です。

 
詳しくはお電話または店頭にてお問い合わせください。

FXDFやFXDWGの様なトミーガンマフラーもエキパイに触媒がギッシリと入ってます。

 
FXDF・FXDWGの方も気になる方はご相談ください。

では、本日はココまでに

皆さま楽しいハーレーライフをノシ

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。