ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ

ハーレー2016年XL1200Vセブンティーツーが少しかわいそう。。。


2015年93本目のブログ更新!!ポチッとしてってください!!

どうも、アッキーです。

2016年モデルのスポーツスターファミリーと言えば、ダークカスタム!!

USのハーレー公式サイトを見てもHDJ公式サイトを見ても、表に出てくるのは・・・

Dais NagaoがデザインしたXL883NとBen McGinleyがデザインしたXL1200Xだけ。

ちょっとXL1200Vがかわいそうでないかい!?



DARK CUSTOMのページを見るとXL1200V Seventy-Twoもラインナップされているだよ!!

ただ、実際パッと見は全く変わっちゃいないという(笑)

というワケで2016年モデルのセブンティーツーにはどんな変化がもたらされたのか見てみよう。

ある程度良く見てみたが・・・・外観はほぼ変わりが無いかな。

しかし、恐らく一度乗れば今までとの違いをすぐに感じる事ができるはず。

その理由は足回りだ。

アイアンやフォーティーエイトと同じくセブンティーツーも新しいサスペンションが採用されている。


スクリューアジャスター付のエマルジョンリアショック


そしてフロントはカートリッジダンピング方式のサスペンションを装備。

乗り比べれば誰しもがその変化に気が付く事でしょう!!

万が一の時に役立つABSも標準装備されているのも嬉しいところ。

後はイマイチ変化を感じれなかった。

と言う事はその他の2016年式スポーツスターファミリーのスーパーローや1200カスタムなどと同じ変更点しかないって事か・・・・

車両販売価格は・・・

2016年XL1200Vセブンティーツー…1,500,000円~
2015年XL1200Vセブンティーツー…1,420,000円~

8万円程車体価格がUPしているが納得できる変化はある。

2015年モデルで前後サスペンションを2016年モデル同様に交換しようと思ったらいくらかかるんだろう。

20万円じゃきかないはず。

前後サスペンションの改善で、どの程度の変化がもたらされたのか気になるところ。

早く試乗してみたいな。

この様に大幅な変更がなされなかったセブンティーツーやスーパーローを含め、

ダークカスタムとして生まれ変わったアイアンやフォーティーエイト等も、マフラーの適合は2015年モデルと同様となっている。

もちろんエアクリーナーも相変わらず適合はそのままでOKだ。

大きな変更がない。=適合するカスタムパーツが沢山あり、すぐにカスタムが楽しめる!!

と言う事です。

では、本日はここまでに

皆様楽しいハーレーライフをノシ

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。