PINE VALLEY NEWS

パインバレーニュース

 > パインバレーニュース > PVスマートデータ ダウンロード版

2019.09.02

PVスマートデータ ダウンロード版

PVスマートデータ ダウンロード版

pvsmartimage

 

 

title01

 

 

モニター様の感想ダイジェスト版

チューニングしたいけどチューニングショップが近くにない。

ハーレーを買ってマフラーを替えた。エアクリーナーも替えた。

インジェクションチューニングをやった方が良いのは分かっているんだけど、近くにショップがないので、しかたなくデータがアンマッチのまま乗り続けている。

 

FP3じゃ物足りない

FP3を買ってベースマップを入れてオートチューンで調整。

乗り味は変わった。良くなった。

でも「別物」になったかというとそこまでの感動はなく、何か物足りない感じはしている。

 

PVスマートデータって何?

パインバレーがFP3をデバイスとして実車をダイノマシンでチューニングします。

モデル、年式、マフラー、エアクリーナーの組み合わせを変えてたくさんの種類のデータを作ります。

そのデータはお客様のFP3を通して車両にインストールできるのです。

(FP3の仕様変更に伴い実現できることになりました)

※PVスマートデータサービスはFP3【6ピン】対象のサービスです。4ピンについては現在予定がございません。

そのデータをネットショップで販売し、遠方のお客様にチューニングデータをお届けすることが可能になりました。(ネットショップでの販売は2020年の開始を予定しております)

 

title02

YOUTUBEお客様感想動画をご覧いただくと、いまやチューニング用語として定着した!?「別物(べつもの)」という言葉がお客様から数多く出てきます。

チューニングをしたハーレーはノーマルコンピューターのままの状態と比べてまさしく「別物」となります。(詳しくはインジェクションチューニングのページをご覧ください)

 

PVスマートデータ ダウンロード版は、あなたのハーレーが「別物」に生まれ変わるデータをFP3を通じてお渡しできるサービスです。

「チューニングショップが近くにないから・・」と諦めていた方にぜひおススメしたいサービスです。

 

datagraph

もう少し詳しく解説します。

パインバレーチューニング

ダイノマシンを使い、実走状態で技術者が様々なデータを計測して最適な値に調整するため、その車両にとって100%のデータが出来上がります。

〇メリット・・これ以上のチューニングはない。

●デメリット・・来店が必要、料金が高い。

 

PVスマートデータ

FP3をデバイスとして実車+ダイノマシンを使い技術者が作成した車両構成(モデル・吸排気パーツ別)ごとの100%のデータを販売します。同じモデル+同じ吸排気パーツ装着車両でも個体差(ハーレーは生き物です。同じモデルに同じパーツを装着してもパフォーマンスには違いが出ます。そこがハーレーの楽しさでもありまして・・)があるためデータの精度は80%+と表現しています。

80%+の「プラス」は、個体差によりより100%に近い精度となる可能性があるという意味です。

〇メリット・・通販で購入(準備中)スマホで自分で出来る。コスパが高い。チューニングショップへ行かなくても済む。

●デメリット・・車両個体差があるため、完璧なデータではない。

 

FP3(ベースマップ+オートチューン)

バンス&ハインズ社が作成したベースマップ(アメリカでの使用を想定したデータ)を元に「オートチューン」を行いますが、ベースマップの精度が低く、計測・修正できる範囲が狭いため、ダイノチューニングと比較すると50%ほどの精度のデータになります。

〇メリット・・通販で購入、スマホで自分で出来る。

●デメリット・・データ精度があまり高くない。

 

title03

 

 

userguide11

 

userguide12

 

【まずパインバレー店舗でのデータインストールサービスを開始します】

ご希望のデータを選び、ご来店いただくとその場でデータを車両へインストールいたします。

 

【ダウンロード版の販売は2020年を予定しております。今しばらくお待ちください】

お客様の車両にマッチするデータをお買い上げいただくと、お客様のFP3からデータをダウンロードできるようになります。

そのデータを車両にインストールするだけで完了。

その場で「PVスマートデータ」をお楽しみいただけます。

tejun

 

1.FP3をご購入いただきます。

※すでにお持ちの方はお手持ちのFP3が使えます。他店で購入したFP3でもOKです。

2.データをネットショップで購入してください。

3.ユーザー登録をしていただきます。(しないとデータが送れません)

4.FP3でデータをダウンロードできます。

5.車両にインストールして完了。PVスマートデータをお楽しみください!

 

※現在、パインバレーが作成した「PVスマートデータ」をインストールして試乗~感想を聞かせていただける「モニター」を募集中です!(対象モデルはスポーツスター。ご来店が条件となります)

モニターが終了したデータを順次、販売する流れとなっております。

 

title04

 

内容 価格(税込)
PVスマートデータ(全車種共通) 44,000円
PVスマートデータ(FP3当社購入優待価格) 33,000円
店頭インストール作業工賃 6,600円

※FP3は価格に含まれておりません。

 

【PVスマートデータサービスご利用にさいしてのご注意】

■健康な車両であることが条件です。安全のため、ご利用の前に点検を受けられることをおすすめします。

■PVスマートデータの再ダウンロード保証・・期間はインストール後3ヶ月です。

 

 

buttondatabuttonqanda

 

PAGE TOP