INJECTION TUNING

インジェクションチューニング

 > インジェクションチューニング > 「インジェクションチューニング」って何?

  • 求人
  • お友達紹介キャンペーン
  • チューニング + デバイス込みでこの価格!
  • 2017ツーリング用マフラー勢ぞろい!
「インジェクションチューニング」って何?

ABOUT INJECTION TUNING

インジェクションチューニングは今やカスタムの基本

2007年、ハーレーすべてのモデルがインジェクション仕様となり、従来機械式で行っていたガス供給量とプラグから火花を飛ばす点火タイミングの調整はすべてコンピューターで行うようになりました。
インジェクションチューニングとは、このコンピューターのデータを書き換えることを言います。

「自分が思い描いていたハーレーとは違っていた」ハーレーを手に入れた方の多くがこんな思いを抱きます。それは市販されているハーレーが日本の規制を基準に設定されたコンピューターセッティングだから。このデータをベストなものに書き替えてあげると本来のハーレーに生まれ変わります。また、あなたがもしマフラーやエアクリーナーのカスタムを考えているのなら、チューニングは必須と考えてください。インジェクションチューニングであなたが思い描いていたパワフルでたくましいハーレーに生まれ変わらせてあげましょう。

  • ハーレーのポテンシャルを100%発揮します

    チューニングを行うとほとんどの場合、最高出力・トルクともに向上しますが、特に実用域でのパフォーマンスが見違えるほど良くなります。出足のもたつきなどがなくなり、感覚的にハーレーを操ることができます。また鼓動感や乗り心地、すべてが「ハーレーらしく」なります。

  • エンジンに優しい=健康なハーレーに

    コンピューターがベストなセッティングになると、エンジンへの負荷も軽減され、余計な熱も持たなくなり、快適なライディングが楽しめるようになります。また、オーバーヒートにもなりにくく、エンジンが長持ちします。ハーレーに長く乗りたいと思っているなら、チューニングは必須です。

  • オーダーメイドのハーレーになります

    熟練技術者が行うインジェクションチューニングは、お客様のご要望をセッティングに反映できます。たとえば街乗りしやすいセッティングや高速走行主体のセッティングなど、お客様だけのハーレーを作り上げることができます。

ノーマル車でもインジェクションチューニングは必要?

ノーマル車でもインジェクションチューニングは必要?

ハーレーのコンピューターの初期設定は日本国内のさまざまな規制に対応するため燃料噴出量が薄めに制限されています。そのためエンジンが熱を持ったり、出足がもたついたり・・チューニングでベストの状態にしてあげましょう。
吸排気系のカスタムの予定がない場合、慣らし運転が終わった段階でのチューニングをおすすめします。チューニングはエンジンにも優しいので愛車の健康のためにもお早目のご検討をおすすめします。

マフラーやエアクリーナーを交換したら必須

マフラーやエアクリーナーを交換したら必須

マフラーやエアクリーナーを交換すると、ノーマルのセッティングでも薄めに設定されている燃料の噴射量がさらに薄くなり、エンジンにかなりの負担を与えます。またそれに伴い、アフターファイアやノッキングなど乗り味が極端に悪くなったり、オーバーヒートの原因にもなります。マフラーを交換したらまず「チューニングは必須」とお考えください。高性能のマフラーやエアクリーナーの性能をフルに発揮するためにもチューニングは必須です。

ノーマル車両とカスタム&チューニング車両のパワーチェックデータ比較

ノーマル車両とカスタム&チューニング車両のパワーチェックデータ比較

上のグラフは、フルノーマルとカスタム+インジェクションチューニングを行った状態のパワーグラフを重ねたものです。
チューニングすることによって全回転域に渡ってパワー・トルク共に上がっていますが、乗り味として特に変わるのが1500rpmからの実用回転域におけるトルク。マフラーとエアクリーナーをカスタムするとパワー・トルク共に上がりますが、チューニングにより「ギクシャク感」がなくなっているのがわかります(曲線が滑らかになっています)。
ノーマルの場合、特にこの回転域は乗りにくいセッティングになってしまっているため、出足が鈍いというストレスを感じている方も多いかと思いますが、吸排気系のカスタムとチューニングによって谷間のないトルク曲線に調整することが可能です。

RELATED NEWS & BLOG

関連ニュース一覧はこちら

PAGE TOP