ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
オクブログ

忘れないで。タイヤバルブ。

タイヤと言えば消耗品。溝が減ったら交換と言うのは誰もがご存知ですよね。


タイヤ関連で言えば、結構忘れられがちなのがタイヤバルブ。


↓これです。



タイヤの空気抜けの原因は、異物が刺さる・タイヤが激しく劣化などが主に挙げられますが、タイヤバルブ劣化による空気圧低下も無いとは言えません。


タイヤ交換毎に交換されている方はほぼ心配無いと思いますが、タイヤだけ交換してタイヤバルブをしばらく交換したことが無い・・・。


そんな方はこの機会にチェックしてみては?


方法は簡単、タイヤバルブにヒビ等が無いかチェックするだけicon_lol.gif



ポイントはこんな感じでバルブを指でぐいっと指で押し倒して、付け根の辺にヒビが無いかをチェックします。
360°くまなく確認してヒビ等が無ければ問題ないでしょう。




次に、バルブキャップを外し空気を注入する部分・バルブ全体に、薄めに作った石鹸水をかけます(霧吹きがあれば霧吹きで作業しても可)


バルブの付け根や空気注入部分などから泡など出てこなければ、バルブは良好です。


万一空気注入部分から泡が出るようなら、バルブコア(通称ムシ)の劣化が考えられます。



バルブコアはムシ回しと呼ばれる工具で外す事が出来ます。(ただし、バルブコアを外すと一気に空気が抜けて車体が立ってしまい、倒れてしまう可能性が有りますので、ジャッキあアップする等注意が必要です。)



これが通称ムシ。
非常に小さいパーツですが、空気圧を保つ上でかなり重要な役割を果たしています。


空気注入部分から気泡が出ている場合はこのバルブコアを交換することで簡単に修理することが出来ます。(お値段もそんなに高いものではありません
。)


バルブから気泡がでている場合はバルブ自体の損傷。


この場合、タイヤを着脱しなければバルブ交換が出来ないので、ショップで依頼する場合タイヤ着脱工賃とバルブ交換工賃が併せてかかってしまうため、タイヤ交換したばかりであれば費用的にもったいない事になってしまいます。
バルブ自体もそんなに高いものではありませんので、タイヤ交換毎にセットでバルブの交換をオススメしますicon_razz.gif





↑アッキー店長&りゅうくんのブログはこちらからもお楽しみ頂けます。

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。