PINE VALLEY NEWS

パインバレーニュース

 > パインバレーニュース > タンデムベルト

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2010.02.05最新のお知らせ

タンデムベルト

画期的機能を搭載した全く新しいタンデムベルト

親子タンデムの実走行体験を随所にフィードバックさせながら開発された、タンデムライダーズブランドの全く新しいスタイルのタンデムベルト「タンデムツーリングベルトTB」。
ライダーと同乗者をただ単にベルトで連結させる従来型のタンデムベルトとは違い、乗員の体格差やバイクのシート段差形状に合わせて、ベルトの連結位置を変えられる画期的な機能が採用されています。
このベルトの位置可変システムは、ライダーの背面に複数のベルト接続装置を持ったバックプレート構造を採用しており、ほぼ全ての親子タンデムライダーが、バイクの車種に左右されることなく適切なベルト装着ができるようになっています。

画期的機能を搭載

.

タンデムツーリングベルトTB

後部座席で寝てしまう子供への対応

親子タンデム走行での問題点は、同乗者の子供が後部座席ですぐ寝てしまうことでした。
寝てしまった子供の荷重は思いのほか重く、適切なタンデムベルトを選ばない限り運転するライダーへの負荷は非常に大きくライディングに致命的な影響を及ぼすことも少なくありませんでした。
タンデムライダーズの「タンデムツーリングベルトTB」では、前後のベルトが独立構造になっており、後部座席の挙動が直接ライダー側のベルトにダイレクトに伝わることを防いでいます。
さらに、同乗者の荷重は、ライダー側のバックプレートの中心部に集められることで「肩が直接引っ張られる」ようなライディングを阻害する負荷を軽減しています。
また、同乗者側のベルトが4点で固定されることで、眠ってしまった時の「外側への傾き」も軽減します。

立ちゴケ脱出補助

立ちゴケ脱出補助経験を積んだライダーであっても、一度や二度は必ず経験している「立ちゴケ」。
この「立ちゴケ」のリスクから如何に同乗者の子供を守るかが、親子タンデムライダーの大きな課題でした。
タンデムライダーズの「タンデムツーリングベルトTB」は、同乗者の子供の肩、脇、肩甲骨周りを包み込むようにサポートしているので、万一の立ちゴケ脱出時にも大きな威力を発揮します。

安心感の追求によるこだわり

タンデムベルトの安心感は、製品自体の造りにも反映されています。
ライダーと同乗者それぞれのバックプレートは、420デニールの強靭なナイロン素材を中心に4層構造の非常にコシのある造りになっています。
このコシのあるしっかりとした造りは、走行中にタンデムベルトがズレたりヨレたりすることを防ぎ、常に理想的なフィッティング状態を保持します。
また、ベルト連結部の補強には工業用リベットを採用し、製品各接続部の1接続部あたりの耐荷重強度を100kgf以上としています。

安心感の追及

慣れコツ不要の10秒装着

事前のベルト調整を1回着実におこなってしまえんば、普段の装着は驚くほど簡単!
一度設定した形状をきちんと保持するので、毎回の微調整は全く不要です。
さらに、運転者ひとりだけで完璧な装着ができるため、小さなお子様に委ねる心配が一切ありません。
ライダー側の肩ベルトには、裏表識別テープがついているため、ベルトが捻じれたりせずにスマートな装着が可能です。

10秒装着

適応体格推奨範囲(適応サイズ)

運転者の体格は、身長150cm~190cm、装着時の胴囲140cm以下が本製品の推奨範囲です。
また、同乗者の体格は、身長115cm~150cm、体重40kg以下で、着衣時の胴囲110cm以下が本製品の推奨範囲となります。

適応サイズ

■ご注意■ 乗員の体格が上記の推奨範囲にあっても、適切な装着ができない場合があります
※1.運転者と同乗者の身長差が同等または同等に近い場合(小さなライダーと大きなお子様の組合せ)や、使用するオートバイのシート段差が大きな場合(ビッグスクーター等)では、同乗者の肩の高さが運転者肩の高さくぉ大きく超えてしまう可能性があります。このように、同乗者の肩が運転者の肩の高さを大きく超えてしまうようなケースでは、本製品をご使用することができない場合がありますのでご注意ください。

※2.スポーツやボディービル等で胸や肩の筋肉が大きく発達している方や、肥満体型の方等は、身長や着衣胴囲が本製品の推奨範囲にあっても、本製品の肩ベルトや肩ベルトの補助ベルトが適正範囲を超えて装着できない場合がありますのでご注意ください。

※3.本製品の適応体格推奨範囲にあっても、ヘルメットの適切な装着ができないお子様や、オートバイ後部座席の足掛けに足が届かないお子様のご使用はできません。

使用上のご注意

■はじめに■
本製品は、タンデム走行時の同乗者の脱落防止補助と、停止転倒時(立ちゴケ)における同乗者の脱出補助を目的とした装置であり、転倒時や衝突時の乗員の身体的な安全を確保するものではありません。当製品使用時における交通事故等の賠償責任等は負いかねます。取扱い説明書をよくお読みになり、使用上の注意や装着方法を守り、安全運転の上ご使用される方の自己責任にてご使用ください。

■警告!:適応体格推奨範囲を超える方の使用はできません。適応体格推奨範囲を超えて使用した場合、適切な装着ができなかったり、想定荷重以上の負荷による製品破損を招く恐れがあり、オートバイ後部座席からの脱落等による大けがに繋がる可能性があります。

■警告!:本製品の適応体格推奨範囲にあっても、ヘルメットの装着ができないお子様や、オートバイ後部座席の足掛けに足が届かないお子様のご使用はできません。本製品はタンデム走行時の同乗者の脱落防止補助と、停止転倒時(立ちゴケ)における同乗者の脱出補助を目的とした装置です。安全を守るヘルメットや同乗者の体重を支える足掛けは、身体に適合したもjのをご使用ください。

■警告!:本製品を停止転倒(立ちゴケ)脱出補助に使用した場合、想定以上の負荷がかかり製品の再使用ができなくなる場合があります。停止転倒(立ちゴケ)脱出補助に使用した製品は、可能な限りその後のご使用をお控え頂くことを推奨致します。また、事故等で強い衝撃を受けた製品の使用はできません。強い衝撃を受けたまま使用した場合、製品強度の低下や破損により思わぬ大けがに繋がる可能性があります。

その他の注意事項は、本製品の取扱い説明書をご覧ください。

PAGE TOP