US MUFFLER

北米マフラー

 > 北米マフラー > テイストアップ・バルブ

  • 求人
  • お友達紹介キャンペーン
  • チューニング + デバイス込みでこの価格!
  • 2017ツーリング用マフラー勢ぞろい!
簡単に鼓動感をアップできる!

TASTE-UP VALVE

テイストアップ・バルブとは

純正のスタイルをそのままに、簡単にマフラーを独立管にして鼓動感のアップが楽しめる、当社オリジナルの特許製品です。
1セット(2個)での販売となります。
※2014年以降スポーツスター用マフラーには装着できませんのでご注ください。

テイストアップ・バルブ

「テイストアップ・バルブ」装着の最大のメリット

  • パインバレーが開発した画期的パーツ

    独立管にすることにより、名前のとおりハーレー独特の鼓動感とハギレ、乗り味がアップする、今まで、ありそうでなかった弊社オリジナルの開発商品です。(意匠登録済み)

  • ハーレー独特の鼓動感がアップ

    アイドリングは一発、一発が元気になり通常走行する速度域の発進から80キロまで独立管ならではの、ドコドコとしたハーレーらしい鼓動感のアップが、お手軽にお楽しみいただけます。

  • アフターファイア軽減の効果も

    また、抜けの良い社外品のマフラーを装着されて、不快なアフター音に悩まされている場合は、独立管にすることにより、アフターの減少、改善も図れます。(アフター解消は車両の個体差もあります)

※80キロ以上の速度になりますと、鼓動感は通常の状態に近い状態になり、振動による高速走行には影響を及ぼしません。
※鼓動感、ハギレ感はアップしますが、音量アップは1デシベルほどで、さほど音量は大きくなりません。

適合車種

愛車のバイパスパイプの形状をご確認ください。写真のようになっていれば、製品を使用できます。

テイストアップバルブの装着

製品を2本のマフラーのこの部分に挿入して使用します。取外す際に製品が固着して取外せなくなった場合は、6mmのボルトを利用してパーツを抜取る事が出来ます。

※社外品のマフラーの場合は上記の写真のようにマフラーに連結パイプがあるマフラーに限ります。
※ご自身の車両が、どのようなマフラーの形状になっているかご確認ください。
◆ハーレーのマフラーは連結管を繋ぐ穴がハンドメイドで溶接されており、一本一本の穴の径が違うことがわかりました。(日本の工業製品ではありえませんが、アバウトなMaid in USAらしい製品でした)
◆「テイストアップ・バルブ」は純正、SEマフラー50本以上の穴の径を測定し、全マフラーに対応できる大きさを決め、専用のガスケットを巻き付けることにより、一本一本違う、穴の大きさの変化に対応できるようにしてあります。
また、ガスケットがクッションの役目を果たし、穴に対して製品が小さくても、走行中にマフラーが「カタカタ」と不快音がならないよう、ガスケットの形状、厚みと密度の工夫をして、振動でガスケットが抜け落ちないよう、製品に段差を付けた形状で対策をしてあります。
◆製品の材質は鉄、アルミ、真鍮を試し、質感が高く、熱、錆びにも強い真鍮製をセレクトしました。
◆取り外しの際に製品がマフラーに固着し取り出し辛くなった場合を考慮し、6mmのボルトの差込穴を設けましたので、取り出しが簡単に出来るようにしてあります。

[音比較] 日本仕様 vs 北米仕様パンチアウト+テイストアップ・バルブ

日本仕様マフラー 93デシベル
北米仕様マフラー12mmパンチアウト、テイストアップ・バルブ装着 100デシベル

※音量は車検と同じように3,000rpmで測定。
※ロムはノーマルで走行しています。

RELATED NEWS & BLOG

関連ニュース一覧はこちら

PAGE TOP