NEXT HARLEY BLOG

ネクストハーレーブログ

 > ネクストハーレーブログ > オシャレは足元から・・・

  • 12回まで金利当社負担
  • 点滴エンジンクリーニング
  • 1000cc化
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2018.11.12SOTAイチオシアパレル関連

オシャレは足元から・・・

オシャレは足元から・・・

どーもー、SOTAです。

 

ブログ村参加しているみたいです。

みなさんのクリックが励みになりますので、

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
まずはじめにクリックお願いします!!

 

皆さん元気ですか~?段々寒くなってきましたね・・・寒暖差が激しいので体調管理には気を付けて頂きたいと思います。

言うまでもないですが僕は年中バイク乗ってますv( ̄Д ̄)v イエイ

 

この時期になるとやっとブーツの季節が来たか~。という方が多いのではないでしょうか。

 

ブーツと言っても数多くのブランドがあります。僕は数多くあるブーツメーカーでも王道の「RED WING」が一番好きです。

 

初めて買ったのは高校3年生の秋でした。

 

秋冬に向けてブーツが欲しいと思いABCマートに行きました。

 

高校生に人気の「T○○~」を見つけ同じくこれにしよう!と思い、2万円弱のブーツを選びました。

 

試着しようと店員さんを待っていたその時!!天から光が差しました。

 

僕に向けて差した光は・・・

 

ゴールデンスポットに展示されていた「RED WING」でした。

 

中でもひと際輝いていたのは定番モデルではなく、興味ない人からするこれがRED WING?と思うモデルでした。

 

レッドウィング CLASSIC CHUKKA クラシック チャッカ 3148 BLACK

レッドウィング チャッカ

 

人生で黒い靴を履いたのは数回。

 

黒いスニーカーが本当に似合わず、今まで黒い靴をほとんど履いたことのなかった私が何故このブーツに一目惚れしたのか分かりません。笑

 

恐らく今まで履いてきた靴の中でもランクの高い靴だったからだと思います。

 

スニーカーしか履いたことが無かったので当時では高価だな~と思ってましたが、今思えば安価だな~と思います。

 

何故、今になって安価だと思ったかというと・・・

 

スニーカーは履けても2~3年と言われます。

 

それに比べて「RED WING JAPAN」では手入れをしなくても最低10年は履けると言われました。

 

基本的な手入れ&ソール交換をすれば半永久的に履くことが出来ます。

 

スニーカーと違いブーツの場合は「経年変化」を楽しむことが出来ます。

 

「経年変化」といってもただボロボロになるだけではなく、愛情を込めて履き続けることで表面のシワや擦り傷、色あせ具合など履く人によってブーツの表情が変わってきます。

 

RED WING」のブーツは10年・20年・30年・・・・と履き続けることでご自身のブーツ歴史が刻まれていきます。

 

そこで僕が愛用しているブーツの中で一番雰囲気のあるモデルをご紹介させていただきます。

 

REDWING■レッドウィング アイリッシュセッター/6インチ ラウンドトゥ/ブラック「クロンダイク」 Irish Setter Canoe Moc [9870]

 

RW-9870_1こちらのブーツは一見普通の黒ベースのブーツに見えますが、実は下地に茶芯という茶色い芯が入っています。

表面の黒いと塗膜が剥がれると茶色い下地が出てくるため、ブーツを長年履きこむこと、黒かったブーツが徐々に茶色みを帯びてきます。

 

最初はツヤのある綺麗な表情ですので、このブーツが段々茶色みを帯びていくなんて誰も予想することができないですよね。笑

それがこうして生まれ変わるのです。。。

 

 

 

Photo 2018-11-11 14_35_13こちらが約3年半愛用しているブーツになります。

 

つま先が良い感じに傷が入っており、シワの入り方も綺麗です。

 

上質な革を使用していない場合はこういったシワはシワではなく、ひび割れのようになります。

 

つまり「経年変化」ではなく「経年劣化」になります。

 

 

 

 

Photo 2018-11-11 14_35_02皆様!見てください!!この「ベロ」

 

シューレースが擦れることで表面の黒いと塗膜が剥がれ茶芯が出てきます。

 

シューレースの結び方。履き方でこの茶芯の表現も人それぞれ異なるので面白いポイントの1つですよね♪

 

ちなみに私は一日中履いた後にこの擦れ具合を見ると笑みがこぼれます。

 

この「9870」には他のモデルではない経年変化の楽しみ方が出来るのです。

 

「RED WING」のインナーソール

 

①Before~綺麗なナチュラルカラー                                   ②After~綺麗なあめ色に大変身
Photo 2018-11-11 16_08_10Photo 2018-11-11 14_41_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもこだわりと魅力が沢山ありますがこれ以上私の感想を長文章でお伝えしても読むのが面倒くさいと思いますので、まずは履いてみてください(^O^)

 

一度履いたら癖になります。^w^w^w^

 

最後に私が皆様にオススメの3足をご紹介します。

 

REDWING■レッドウィング ベックマン/6インチラウンドトゥ/ブラックチェリー「フェザーストーン」 Beckman Boot [9411]

 

RW-9411_3 RW-9411_5

 

こちらは「ドレスシューズ」として当時では履かれていたようです。

ちなみに私も同じブーツを持っているのですが、バイクに乗るときはもちろん私服でも愛用しております。

成人式ではスーツを着る際にもこちらのブーツをドレス仕様で履きました。

使い勝手が良く、ドレスシューズだけどバイク乗りに一番人気のモデルです。

2017年で一番多く売れたモデルがこちらの「9411」になります。

バイク乗り以外にも私服で愛用される方も続出との事です。

 

 

REDWING■レッドウィング ベックマン・フラットボックス/ブラック「クロンダイク」 Beckman Flatbox [9060]

 

RW-9060_3RW-9060_5

 

こちらのブーツには先芯が入っていません。先芯が入っていないので普段スニーカーしか履かない方でも履き心地良く、初めてブーツを履く方には馴染みやすいモデルです。

 

また、ブーツは重たいイメージがありますが、先芯が入っていないので足元が軽くスムーズに足運びが出来るので、同じベックマンシリーズとしては人気の高いモデルになります。

 

 

REDWING■レッドウィング クラシックワーク/6インチモックトゥ/オロ「レガシー」 Classic Work Moc-Toe [875]

 

RW-875_3RW-875_5

 

レッドウィングといえばこの色とデザインが一番印象強いと思います。

誰もが一度はこれをきっかけに履きたいと思ったのでしょうか。

まず一足目という方にはオススメです♪

 

※ブーツは購入時に高く感じるかと思いますが、長い目で見てあげると決して高価なお買い物ではないかと思います。

 

価格以上の価値が必ずあります。それを見つけるか見つけられないかはあなた次第。

 

 

きっとあなたも最高のパートナーと呼べる一足に出逢えるはず・・・・

 

それではまた(^_^)/~

 

「オシャレは足元から」と思う方はこちら

PAGE TOP