ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
イッシーブログ

クラブスタイルといえば!?人気すぎるフェアリング【メンフィスシェード(Memphis Shades)】、その理由とは??

#harleydavidson
#クラブスタイル
#シールド
#ハーレー
#ハーレーダビッドソン
#ハンドガード
#フェアリング
#メンフィス
#メンフィスシェード
#ルーサイト
#ロードウォリアー

皆さんこんにちは!!

パインバレーのイッシーです!!

   

   

まずはこちらをポチっとお願いします!(__)


にほんブログ村


にほんブログ村 


にほんブログ村

  

  

今回はメンフィスシェード(Menphis Shades)についてお勉強してみましょう。

  

  

『メンフィスシェード(Memphis Shades)』とは?

メンフィスシェードはアメリカで創業し、40年以上の歴史をもつスクリーン専門のメーカーです。

ハーレーダビッドソンに限らず、様々なメーカの車両へ向けてフェアリングやスクリーンを製造している老舗ブランドと言えます。

一言にスクリーンと言っても、その種類や形状は多種多様です…。

1枚板のようなタイプから、ヤッコカウルのような形状まであり、

お好みのカラーでチョイスできちゃうんです。

クラブスタイルが流行した今、メンフィスと聞くとこの商品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

メンフィスシェード■ロードウォリアーフェアリング スポーツスター・ダイナ・ソフテイル用 Memphis Shades Road Warrior Fairings for V-Twin [MEM7371][ME1175][2330-0165]

僕もその一人ですw

この『ロードウォリアー』は、何と言ってもこの他にはない、斬新かつ洗礼されたデザインが特徴です。

とにかくカッコイイの一言に尽きる…。

まあ、デザインについては好みの問題もあるかと思いますが、

この『ロードウォリアー』もう1つ重要な魅力がありまして…。

それが、これです!

こんな感じで、シールド部分のカラーとサイズをお好みで変更できちゃいます。

ずーっと同じでも良いですし、気分や天候に応じて使い分けなんてのも良いかと。

んで、このメンフィスのフェアリング

もう一個面白い特徴?があって…

それは素材です。

通常フェアリングってFRPと呼ばれる繊維強化プラスチックを使用して製造されることがほとんどです。

んでこのFRPって一番外側にゲルコートをした状態で販売されるのですが、

ゲルコートはあくまで成形材なので、仕上がりがとっても!汚いですW

だけどこのメンフィス製のフェアリングは、FRPではなく『ルーサイト』と呼ばれる素材で形成されています。

なに?『ルーサイト』って?

『ルーサイト』とはデュポン社が販売している樹脂素材の商標名で、

強度と透明度がウリで、着色も可能という特徴を持ったアクリル樹脂です。

意外にもその歴史は古く、1940年ごろに発明され、戦時中は兵器の窓にも採用されていたとのことです。

軍事採用されるくらいなので強度は折り紙付きなのでしょう。

 

 

また、その透明度の高さと着色可能な自由度から、シャンデリアなどの装飾品としても活躍しています。

まあ、こんなことはネットを調べてもらえればいくらでも出ててくるので、

ネットには載ってない魅力をお伝えしたいと思います。

それは、

『未塗装なのに、まるで塗装済みのような仕上がり!』

です。

『なんだ、しょーもな』って思うかもしれないですが、これ以外と凄いことなんですよ。

普通こういった外装系の樹脂パーツってFRPで製造されているのですが、

未塗装の状態は傷まみれだし、ガラス繊維がポロポロはみ出ていたりなど…

とてもじゃないけどプロの塗装を挟まないと使えないんですよ…

 

 

でもフェアリングにもなればフルセットでまあまあいい値段しますし、

散財の権限がない妻子持ちライダーには、塗装まで一気にかける余裕もないんですよ…。

 

 

 

だから、このルーサイトを使用したメンフィス製のフェアリングは、

とりあえずフェアリングをゲットして取り付けるってこともできちゃいます。

まあ、こだわりがある人からしたら『そんなの邪道だ!塗ってから使え!』的な意見もあると思いますが、そんな柵にとらわれずハーレーライフを楽しめれば、みんなハッピーかな~とイッシーは思っています。

 

 

 

さてさて、ちょっと脱線しかけてるのでレールをかけ直しましょう。

ルーサイトについては説明しましたが、その素材を使ってメンフィスは色んな製品をラインナップしています。

さすがに全ては無理なので、主要製品をご紹介します。

なお、メンフィス製のフェアリングを車両に取り付けるためには、

基本的に以下のパーツが別途必要となりますので要注意!

※一部を除く

取り付けに絶対必要!なパーツ一覧

・フェアリング本体

⇒フェアリングの本体です。これが無いと始まりませんw

—————————————————————————————————–

・各モデル専用ウインドシールド

⇒フェアリングのスクリーン部分です。お好みのカラーとサイズをチョイス可能です。

    

ちなみにシールドは、通常タイプとベント付きのタイプがございます。

上の写真はベントタイプのシールドとなります。

大きな違いとしては、ベントタイプには整流効果を発揮するために、シールド根元部分に大きなベントホールが2つ設けられています。

このベントホールは、シールドの裏側に入り込もうとする空気をライダーの後方へ流れるようにする機能があるんですね。

こればかりは口で言っても中々伝わらないですよね…

なので、パフォーマンス重視なら『ベントタイプ』を、ベントホールの見た目が嫌な人は『通常タイプ』をお買い求めいただければOKです!!

—————————————————————————————————–

・トリガーロックマウントキット(デタッチャブルキット)

⇒フェアリングの脱着がワンタッチで行えるようになります。

これが無いと車両に取り付けられませんのでご注意を。

—————————————————————————————————–

・ヘッドライトエクステンション

⇒フェアリングの中に引っ込んでしまうヘッドライトを手前に持ってこれるパーツです。

あるのと無いのとでは完成度に雲泥の差が出ますよ。

—————————————————————————————————–

  

  

では主要製品を紹介していきましょう。

まずはコチラ。

メンフィスシェード■ロードウォリアーフェアリング スポーツスター・ダイナ・ソフテイル用 Memphis Shades Road Warrior Fairings for V-Twin [MEM7371][ME1175][2330-0165]

先ほどもご紹介しましたが、メンフィスイチオシのフェアリングです。

上の商品は以下の車両に適合します👇

【2006~2017】FXD / FXDC / FXDB / FXDL / FXDLS / FXDWG ※2015~2017 FXDLを除く

【1993~2005】FXDWG

【2016~2021】XL1200X

【2016~2020】XL1200CX

【2011~2019】XL1200C

【2018~2021】FXLR(S) / FXBB(S) / FXST

【1999~2017】FXST / FXSTC / FXSTD / FXSTB / FXS / FXSB

こんな感じの適合表になってます。

その他必要なパーツはコチラです👇

・ロードウォリアー専用ウインドシールド

・トリガーロックマウントキット(デタッチャブルキット)

・ヘッドライトエクステンション

—————————————————————————————————–

ちなみに!!

2020年以降のローライダーS(FXLRS)に取り付ける際は、専用のヘッドライトエクステンションとシュラウドキットが必要となりますので要注意!!

その専用商品はコチラ👇

メンフィスシェード■ヘッドライトエクステンションキット FXLRS用 Memphis Shades Headlight Extension Kit [MEB9882][2001-2292]

—————————————————————————————————–

メンフィスシェード■ヘッドライトトリムリング シュラウドキット FXLRS用 Memphis Shades Headlight Trim Ring/Shroud Kit [MEB7231][2001-2293]

2020年式以降のローライダーS(FXLRS)は、ビキニカウルが標準装備されてます。

こんな感じ👇

そのため、ヘッドライトの位置がその他のモデルよりも、やや上に装着されており、なおかつヘッドライト全体がカバーで覆われていない状態となっています。

なので!専用のエクステンションキットとシュラウドキットを使用して、ヘッドライトの位置を変更し、ヘッドライトをカバーで保護していただく必要があるんですね。

取り付けとこんな感じになります👇

—————————————————————————————————–

続いてはコチラ…

7インチのヘッドライト用は無いの?という要望があったとか無いとかで👇

メンフィスシェード■ロードウォリアーフェアリング【2018年以降FLSL/FLSB】

2018年式以降用ではありますが、FLSL(ソフテイルスリム)とFLSB(スポーツグライド)に適合するタイプもございます。

—————————————————————————————————–

さらに…

メンフィスシェード■ロードウォリアーフェアリング【FLHR ロードキング用】

こちらも2018年式以降用ですが、FLHR(ロードキング)に適合するタイプまでありますよ~!

こちらも同じくですが、その他必要なパーツはコチラから👇

・ロードウォリアー専用ウインドシールド

・トリガーロックマウントキット(デタッチャブルキット)

・ヘッドライトエクステンション

—————————————————————————————————–

続いては私イッシーが個人的に好みの商品です。

メンフィスシェード■Memphis Shades ロードウォーリアフェアリング FXFB用 Road Warrior Fairing for FXFB [MEM7441] [ME1633] [2330-0214]

丸目のヘッドライトから、よりスタイリッシュになったM8ファットボブ(FXFB)の横型ヘッドライト。

これ純正?と思わず聞きたくなるほど違和感がなくカッコイイ…。

フェアリングの形状は少し異なりますが、シールド部分のみ丸目ヘッドライトのタイプと同じ適合になっています。

ヘッドライト形状が特殊なので、別途必要なパーツも少し変わっています👇

・ロードウォリアー専用ウインドシールド

・トリガーロックマウントキット(デタッチャブルキット)

—————————————————————————————————–

そんでもって最後にコチラも紹介しますね。

メンフィスシェード■Memphis Shades ハンドガード 各種

フェアリングと同じ素材『ルーサイト』を使用したハンドガードです。

車両に装着するとこんな感じになります👇

これは白色に塗装済みですが、未塗装のままでもご使用いただけます。

どうですか?アリですよね?

このシンプルさが、個人的にどストライクですw

高速での飛び石対策にも効果的です!

  

また、こちらのハンドガードですが、

車種およびカラーによっては弊社にて即納在庫がございます!

※2021年12月28日時点での在庫状況を反映しております。

フェアリングと一緒に装備して欲しい一押しアイテムですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

人気でありながらも詳細な情報があんまり流れていない『メンフィスシェード(Memphis Shades)』について、今回はちょっとだけ深掘りをしてみました!

面白かったよ!って人は下のバナーをポチっとしてもらえると幸いです🙇


にほんブログ村

それでは今回はこの辺で👋

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。