ハーレーカスタムパーツ/パインバレー

Pine Valley Blog

パインバレーブログ
フタミブログ

アドサウンド深掘り解説【③骨伝導技術】

#addSound
#アドサウンド
#インカム
#ヘルメットスピーカー

こんにちは!
ネットショップ&アドサウンド広報担当のフタミです(^^)

ブログ村の応援1クリックお願いします〜♪

話題のヘルメットスピーカー「アドサウンド」

アドサウンド■【抜群の操作性&良質サウンド】次世代ヘルメットスピーカー addSound

販売価格 ¥29,700円(税込) ※2021年7月現在
〜現在10月初旬の入荷予約受付中!〜

現在フタミブログでは
アドサウンドの機能5点を、それぞれ深掘り解説しています。

①簡単に脱着できる
②自動音量調整
③骨伝導技術
④タップ機能
⑤マイクで出来る事

今回は

③骨伝導技術

を解説します!

※前回の「②自動音量調整」ブログはこちら

本題

アドサウンドは2019年の7月にクラウドファンディングサイトのmakuakeでプロジェクトを開始し、
最終的には目標額の158%を達成した話題のヘルメットスピーカーです。

※クラウドファンディングサイトmakuakeより

募集当時から

「骨伝導でヘルメットをスピーカーにする!?」

「ヘルメットの内側にスピーカーを入れずに聴ける!?」

というキャッチーさで話題になっていました。

アドサウンドは、エキサイターという振動スピーカーがヘルメットに音を伝え、ライダーが音楽やナビを利用できるという商品です。

骨伝導技術を利用した、ヘルメット伝導スピーカーですね。

そもそも何故、骨伝導スピーカーの技術を利用する必要があったのでしょうか?

いくつか理由はありますが、特に大切な理由が「安全性」です。

安全性の仕組み

耳を塞がないから周りの音が聞こえる

バイクで音楽を楽しむのであれば、安全性が課題です。

では、どの様に聞こえれば安全なのでしょうか?

聴覚神経が音を認識するには、内耳という器官に音を伝える必要があります。

※株式会社テムコジャパン “骨伝導とは~音や声が伝わるしくみ~” より

普段の生活では、空気中を伝達する音をダイレクトに内耳で認識していますが、
骨伝導スピーカーの技術は骨の伝導性を利用し、内耳で認識します。

音を耳から伝えるのではなく、
骨から伝えるというアプローチですね。

私は以前、ヘルメット内部に入れるタイプのインカムスピーカーを使っていましたが、

耳のすぐ横にスピーカーが有ると、周りの音をかき消してしまい危険でした。

一方アドサウンドは、音源がヘルメット全体なので耳から離れています。

外の音と同じ様な聴感なので、周りの音を遮断する事は有りません。

つまり「周りの音が自然に聴こえる」という仕組みです。

骨伝導のテクノロジー

この様に、骨やヘルメット全体で音を伝達するので「周囲の音がかき消されにくい」という特徴が有ります。

この特徴は様々なジャンルでメリットが有ります。

  • バイク運転
  • 建築現場
  • 工場

※FUNDINNO公式ページより

周囲の音が大きくても聞き取れないといけない、両手が塞がっている、など行動が制限される状況下ですね。

アドサウンドは

骨伝導技術 + バイク用ヘルメット = 安全性の高いヘルメットスピーカー

という理に叶った商品ですが、骨伝導の技術自体が注目のテクノロジーという事ですね。

アドサウンドならではの構造

骨伝導を利用したヘルメットスピーカーは海外製の商品もいくつか存在します。

では、アドサウンドが他と何が違うのかというと

エキサイターが2つ有るという点です。
(勿論、加速度センサーやタップ機能なども有りますよ)

海外製ヘルメットスピーカーの多くは、エキサイターが1つですが、アドサウンドは左右に2つ存在します。

純粋にL・Rのステレオで楽しめるというメリットも有りますが、

それ以上に「音の広がり感」をコントロールできるというメリットが有ります。

アドサウンド専用アプリで「音の広がり感」という設定項目が有ります。

この設定はで、2つ有るエキサイターが発生させる振動同士の干渉特性をコントロールし、音の広がり具合を変更できます。

エキサイターが2つ無いとできない設定です。

面白いですね(^^)

実際に設定したところ「点ではない全体的な音源」が、ヘルメット前方に移動したかな?

という印象で、確かに音の広がりの違いを感じます。

音の広がり設定をMAXにするとエコーが強くなりますが、音楽のジャンルやヘルメットの素材(ABS、FRP、等)、シェルの厚みといった違いを補正する事ができます。

アドサウンドを既にお持ちの方は、是非試してみてください。

まとめ

いかがでしょうか?
骨伝導の技術が、ヘルメットスピーカーとしての安全性や、音の特性に効果を発揮していて、今後注目のテクノロジーという事がお分かりいただけたと思います。

株式会社あおごちさんにも注目ですね♪

深掘り解説は、アドサウンドの各機能ごとに
毎週1トピックでご紹介します♪

次回は
④タップ機能
です。

ではまた!

ブログ村・参加中♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 88_31.gif

商品ページはこちら
↓↓↓↓↓

アドサウンド■【抜群の操作性&良質サウンド】次世代ヘルメットスピーカー addSound

Share this:

Mail Magazine

メールマガジン登録

日本国内未入荷のレアな商品やハーレー パーツの特売キャンペーン情報等を「ドシドシ」配信しちゃいます! 是非、ご登録ください。