HARLEY CUSTOM BLOG

パインバレー流ハーレーカスタムブログ

 > パインバレー流ハーレーカスタムブログ > 意外と知らない?設定編。

  • PVスマートデータ
  • 12回まで金利当社負担
  • ハーレーパーツネットショップ
  • お友達紹介キャンペーン

2015.07.09ハーレーメンテナンス

意外と知らない?設定編。

前回に引き続き、意外と聞かれる質問。


それは時計の時刻設定。


バッテリーを外した際には時計が必ずリセットされてしまいます。


リセットされると表示が[12:00]で点滅したままになってしまいますが・・・そのまま[12:00]のまま放置してらっしゃる方は・・・いらっしゃいませんか?


せっかくある機能ですので、使わないのはもったいないですよね~。


と、言う訳で時計の時刻設定でもしてみましょう。


①まずはイグニッションをONにし、トリップボタンを押して表示を時計にします。


TRIPボタンは主に・・・


↓メーターの真下にあったり・・・



↓メーターパネルの横にあったり・・・



↓最近の車両はこのタイプが多いですかね。ホーンスイッチと一緒になっているタイプ。



ポチポチっと押して時計を表示。





②表示が出来たら、トリップボタンを長押しします。


すると、表示が時計設定モードになり、24時間表示にするか12時間表示にするか聞いてきます。


↓24時間表示モード



↓12時間表示モード



③[24Hr]と[12Hr]の切り替えは、トリップボタンをポチポチ押すと切り替わりますので、決定したらトリップボタンを長押しします。


すると、表示が切り替わり時刻設定に移ります。


④時[hour]の部分が点滅を始めますのでポチポチトリップボタンを押し時間を合わせます。


↓写真だと解りづらいですがここの部分が点滅をします。



決定したらトリップボタンを長押しします。


⑤今度は分[minute]が点滅を始めますので同じくポチポチトリップボタンを押して分を合わせます。


↓ココが点滅します。



決定したらトリップボタンを長押しします。


正常に作業が終われば、この時点で[分]の点滅が止まり、時間を刻み始めます。


意外と設定、簡単ですよね。


時計機能は動いているけど時刻がズレズレ・・・なんてのもこの方法で修正できますので、ツーリング前にささっと設定してみてくださいネ。


↓写真だと解りずらいと言う方は動画でどうぞ。

PAGE TOP