yoyakubanner
tunersnationbanner

  • PVチューニング
  • チューニングって何?
  • パワーチェック
  • サービスと価格
  • よくある質問と答え


「インジェクションチューニング」って何?

0111997年、ハーレーでは初めてインジェクションが採用されました。
そして2007年、ハーレーすべてのモデルがインジェクション仕様となり、従来機械式で行っていたガス供給量とプラグから火花を飛ばす点火タイミングの調整をコンピューターで行うようになりました。
インジェクションチューニングとは、このコンピューターのデータを書き換えることを言います。

チューニングするとどうなるの?

013抜けが良いマフラーや吸気効率の良いエアクリーナーに交換するとアフターファイアが出たりします。
このような、車両のインジェクションシステムでは補正しきれない範囲をチューニングすることによりこれらの症状が出ないようにできます。
さらにエンジンにとって負担がなくベストな状態で走行出来るようになるのと同時にハーレー本来の鼓動感やパワーが楽しめるようになります。

エンリッチメント・ディバイスやサブコンとの違いは?

014
エンリッチメント・ディバイスやサブコンは簡易的に補正をするツールです。
インジェクションチューニングは、シャーシダイナモで現状の車両の状態を実測し、そのデータを元に細かく補正をかけていくので、車両にとって最も良い状態にセッティングができます。
最大限にパワーを出したいという方、市街地をストレスなく走りたい方、ロングツーリングをゆったり楽しみたい方・・ハーレーに求める姿は人それぞれに違います。
インジェクションチューニングによってお客様ひとりひとりに最適な状態を提供できるのです。

チューニングに使用するディバイス

015
インジェクションチューニングに使うディバイスは各社からさまざまな商品が発売されています。
弊社はその中で以下の商品を取り扱っております。
そしてこれらのディバイスを使い、シャーシダイナモで走行中の空燃比を計測し、そのデータを見ながら補正をかけていくのが「インジェクションチューニング」です。
※シャーシダイナモ(シャシダイナモ)については次のページで詳しくご説明しています。




チューニング価格表
弊社取扱いのチューニングディバイス一覧。上の表をクリックすると大きな表(PDFファイル)が開きます。


・スクリーミンイーグルPROスーパーチューナー



sest
ハーレー純正のレースやディーラーでも使用されているECM書換えモジュールです。
マフラーとエアクリーナーを交換した時などに車載コンピューターの書き換えを行い、燃調の変更の他、進角度やアイドリング回転数、最高回転数など細かい調整ができます。
アクセルを開けた時の燃料増量や前後のシリンダーで別々のセッティングにする事もできます。
燃調を合わせてエンジンの調子を良くし、アフターファイアーなどの症状を低減し低域から高速域までを最適化します。
また、アイドリング回転数の変更も可能です。
走行データを取得する機能があり、O2センサーの出力で補正値を出し最適な値に修正する機能があります。
なお、このデバイスは車載コンピュータの書込みを行う為にパソコンと接続するインターフェイスキットです(走行時は取り外します。取り付けたまま走行しデータ取得も可能)。


販売価格 チューニング料金 費用合計
80,000円 64,800円 144,800円

※価格はすべて税込、2014年6月現在。


・Dynojet パワービジョン



pv
ハーレーを対象にしたデバイスです。
フルコン・サブコンではなく、フラッシュタイプでECMを書きかえる事が可能です。
ECUのマップを書き換えた物を6つ保存できます。
ノーマルのデータを保存する事も出来ますので安心です。
アイドリング・リミッターの回転、加速ポンプ・燃料の噴射時間、点火タイミング、暖気運転調整、O2センサーウォームアップ等の調整がタッチパネルで可能なデバイスです。


販売価格 チューニング料金 費用合計
73,800円 64,800円 138,600円

※価格はすべて税込、2014年6月現在。




・バンス&ハインズ フューエルパックFP3



fp3
「スマホでインジェクションチューニング」という謳い文句で登場した新世代のデバイス。
バンス&ハインズ社のライブラリーからマップデータをダウンロードしてECMを書き換えることができます。
またそのデータを元に自走しながらデータ補正してくれる「オートチューン機能」、スピード表示や回転数、エンジン温度などをリアルタイムにスマホ上に表示する「センサーデータ表示機能」などを備えた新しい考え方のディバイスです。
ノーマルデータはサーバ上に保存でき、いつでも取り出して書き換えることが可能です。
さらにシャーシダイナモでチューニングすることにより、より完璧なセッティングが可能です。


販売価格 チューニング料金 費用合計
55,510円→49,800円 86,400円 137,910円→136,200円

※価格はすべて税込、2014年6月現在。


・Techno Research ディレクトリンク(フラッシュチューナー)



directlink
他のディバイスと同等の性能を持ちお手頃価格。ノーマルデータも保存可能です。
2014年の最新モデルも含めた全モデルに対応、燃料噴射量の設定変更、アイドル回転数の設定(800rpm~)、レブリミットの設定変更、イグニッションタイミングの設定変更。
また、トランスファーチューニングされているバイクのチューニングも可能です。


販売価格(開始記念価格) チューニング料金 費用合計(開始記念価格)
60,000円→45,000円 64,800円 121,800円→109,800円

※価格はすべて税込、2014年6月現在。エキパイホール加工料金を含む。







ディバイスのお持ち込みに関して


ディバイス持ち込みによるチューニングも承っております。
(チューニング料金は定価、ただし他のパーツのお持ち込みは作業工賃は倍額とさせていただいております)
ディバイスをお持ち込みいただく場合は以下の項目についてご了承ください。
・弊社でディバイスの保証は致しかねます。
・ディバイスの不良によってデータに不具合が生じたと判断される場合、チューニングデータの保証は適用されません。
(再チューニングは正規料金にて承ります。)
なお、弊社でディバイスをお買い上げいただいた場合、保証期間内(お買い上げより6ヶ月)はディバイスの不具合が原因で生じたデータの紛失につきまして、無償にてデータの再インストールをいたします。

友だち追加数

copyright © 2009-2017 yokohama pine valley All Rights Reserved