yoyakubanner
tunersnationbanner
underbanner

  • PVチューニング
  • チューニングって何?
  • パワーチェック
  • サービスと価格
  • よくある質問と答え




PVチューニング(パインバレーインジェクションチューニング)とは

「オーダーメイドのハーレーを」

日本で販売されているハーレーは、さまざまな国内の規制をクリアするように燃料供給量やマフラーなどがセッティングされています。
まさに「日本国内仕様」ですね。
しかし皆さんご存知のように本来のハーレーダビッドソンは、もっとパワーがあり独特のサウンドや鼓動感が楽しめるマシンです。
ハーレーのオーナーになったからには「真のハーレー」に乗ってみたいですよね^^
私たちはこのインジェクションチューニングを通してハーレーの真のポテンシャルを引き出しながら、お客様に最適なセッティング、まさに「オーダーメイドのハーレー」を提供いたします。

なぜ1台1台チューニングが必要?

同じ年式・車種・カスタム内容の車両でも一台一台に個性(個体差)があります。
パワービジョンやスーパーチューナーを使って、友人同士でデータをやり取りして手軽にチューニングを楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃる方もいると思いますが、不具合を感じて弊社に相談に来られるケースが多いのはやはり他の車両のデータは「その車両に合ったチューニングデータ」では無いからです。そして「個体差」というのは皆さんが思う以上に大きな差なのだとも言えます。

「自分と同じ年式・車種で同じカスタムのチューニングデータを安い金額でコピー(ECMに書き込み)してくれないか?」という相談をいただくことがありますが、以上の理由から、弊社ではデータのコピー販売はいたしておりません
1台1台、シャーシダイナモで細かなデータを取りながら、プロチューナーがお客様だけのデータをお作りします。
また、完成時にはダブルチェック体制を採り、チューナー以外の幹部スタッフが試乗、お客様のご要望通りに仕上がっているかを入念にチェック。OKが出た時点でお客様へ完成のご報告をさせていただいております。
また、3ヶ月の保証期間を設けているのも、自信と責任を持って仕上げさせていただいているからなのです。

また、「自分でログを取りながら調整したもののしっくりこない」
「某ホームページからチューニングデーターをダウンロードしたものの乗りにくくなった」
などなど、チューニングにまつわるトラブルでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

専用設備「パインバレー・パフォーマンス・ラボラトリー」を開設

ppltitle最新型のシャーシダイナモ、最新技術による防音室を備えたインジェクションチューニング、パワーチェック専用ルームです。
(詳しい内容は右の画像をクリックするとご覧いただけます)


3拍子もできます

こだわりの「音」 ご要望にお応えします。

チューニングディバイス「ディレクトリンク(フラッシュチューナー)」をお選びいただくと、いわゆる「3拍子」の音が実現できます。
アイドリング時は3拍子、走り出したら完璧なセッティング。
チューニングに音の味付けが出来るようになりました。
また、3拍子ってどうなの??エンジンに悪いんじゃないの??なと、誰もが持つ疑問にもスタッフが丁寧にお答えします。
お気軽にお問い合わせください。


チューニングの流れ



button201

button202

button203

button204

button205

button206

button207

button208


お支払いにつきまして、クレジットカードのご利用も可能です。


北米マフラーとチューニングについて

北米マフラー+12mmパンチアウトの場合「燃調は不要です」とご案内をしております。
「北米マフラーならインジェクションチューニングの必要はない」というのは決して間違いではありません。
ただし「燃調は不要」イコール「車両に最適な状態」ではありません。

「日本仕様」の場合、車検に適合させるために空燃比が薄いセッティングの場合が多く(エンジンが熱を持つため)エンジンにとって決して良い状態ではありません。
「燃調は不要」という意味は、そのままお乗りいただいても支障はありません、という意味で、チューニングをしてあげればパワーアップするだけでなく、エンジンにもやさしい状態になるので、車両を長持ちさせることにも繋がります。


下のグラフは弊社の試乗車であるフォーティーエイトにおける北米マフラー装着+ノーマルセッティングと北米マフラー装着+インジェクションチューニングのパワーをシャーシダイナモで測定、比較したものです。
(青い線がノーマル、赤い線がチューニング後)
graph01
(画像をクリックすると大きな画像が見られます)


チューニングすることによって全回転域に渡ってパワー・トルク共に上がっていますが、乗り味として特に変わるのが加速回転域におけるトルク。
ノーマルの場合、この回転域はあえてトルクを落としたセッティングになっています。
ハーレーに乗り慣れた方でこの「トルクの谷間」にストレスを感じている方も多いかと思いますが、チューニングによって谷間のないトルク曲線に補正することが可能です。


パインバレー店舗にある試乗車(フォーティーエイト)に乗りいただければお分かりいただけるのですが、乗り味はまさに「別物」。
これがまさに本来のハーレーの実力なのです。


北米マフラーにインジェクションチューニング。決して必須ではありませんが、マフラーサウンドだけではなくハーレーらしい乗り味も楽しみたい方にはおススメです。



スタッフご紹介



アッキー店長

カウンセリングを担当。「歩くハーレー辞典」
年齢に見合わない豊富な知識と経験がセールスポイント。
昭和の出来事にも大変詳しいので巷では昭和40年代生まれでは?と囁かれている。
本人曰く「戸籍上は20代」(2013年11月現在)
無類のラーメン好きで食いしん坊。


すーさん
カウンセリング・パワーチェック・チューニング担当。
一見繊細に見えながらも海外における数々の武勇伝(失敗談?)を持つワイルドな男。
とはいえ本当は心優しくお客様からも人気があるすーさん。
数々の海外出張で吸収した知識を商品開発やチューニングでも発揮する「すーパーマン」。
アッキー店長にも負けないほどのフードファイター(辛さ部門)でもある。

本物のハーレーの証!PPLステッカー

ステッカーパインバレーのインジェクションチューニングをされた方にパインバレー特製のステッカーを差し上げています。


お問い合わせ・ご質問は

チューニングご予約・パワーチェックご予約・カスタムのご相談などなんでもお気軽にどうぞ。


フリーダイヤル 0120-918-469

カスタムやチューニングなど、簡単に料金シミュレーションができます。
mitsumori



toiawase

tunersnationinfo

友だち追加数

copyright © 2009-2017 yokohama pine valley All Rights Reserved