ハーレー パーツ&アクセサリー直輸入のお見積りはこちらから

ダイナ・オイル交換

ダイナモデルのオイル交換をオーナーズマニュアルを参考に説明したいと思います。
手元にあるオーナーズマニュアル(OM)は07・08・09年の3種類になります。

1.エンジンオイルが通常運転温度になるまで、モーターサイクルを走らせて下さい。
・恐らくエンジンが温まればいいので、アイドリングで良いと思います。

2.オイルフィラープラグ/ディップスティックを取り外す。
・オイルフィラープラグ/ディップスティックを取り外すと、オイルの排出効率が良くなります。

3.車両の左側(トランスミッション下)にあるエンジンオイルドレンプラグを取り外します。
・エンジンオイルが出てきますので、受け皿を用意してください。

4.オイルドレンプラグのOリングに切り傷、破れ、劣化などがないかチェックします。
・必要に応じて交換してください。

5.オイルフィルター レンチを使ってオイルフィルターを反時計回しに回してマウントから取り外します。
・オイルフィルターを外すときにオイルが漏れますので、フレキシブルオイルファンネル等をお使いください。

6.オイルフィルターマウントフランジから古いガスケットを取り外してください。

———————————————————————————————————————————-
ハーレー オイル交換の必需品!オイルリムーバー
※ココはオイルリムーバーをご使用の方のみ

こちらから動画も参考にしてください。

1.外したオイルフィルターからゴムガスケットを取り外します。(マイナスドライバーを使うと外しやすいです。)

2.1で外したガスケットをオイルリムーバーの溝にはめ込み、ガスケットの表面にエンジンオイルを薄く塗布します。

3.オイルリムーバーをオイルフィルターマウントに取付ます。※必ず手締めで!!

4.オイルリムーバーに付属の透明ホースを差し込み、ホースの出口を廃油受けに置きます。

5.手順:9(ドレンプラグを取り付ける)

6.規定量の新しいエンジンオイルをオイルタンクに注入し、オイルフィラーキャップを締めます。
※オイル量などは下方記載の【手順:10】を参照。

7.エンジンを始動させると、汚れたオイルが出てきます。

8.ホースを綺麗なオイルが通り始めたら、エンジンをストップさせます。

オイルリムーバーを取り外して、次の手順へ↓
———————————————————————————————————————————-

7.新しいオイルフィルターのガスケットにエンジンオイルを薄く塗布します。

8.オイルフィルターを取り付けます。
・時計回しに締めていき、オイルフィルターのガスケットがマウントの表面と接触してから、1/2~3/4回転ほど”手”で締め付けます。
※オイルフィルター取り付け時は必ず手締めで行ってください。

9.エンジンオイルドレンプラグを取り付けます。
・プラグの汚れや異物を取り除きます。
・締め付けトルク19.0~28.5Nmで締め付けます。

10.オイルパンに適正量のエンジンオイルを注入します。
・次回のオイル交換までに予想される最低気温にあわせた、グレードのオイルを使用します。
・エンジンオイルは2.4L使用してください。

11.オイルレベルのチェックをして適正値にあわせます。

12.エンジンを始動させて漏れなどがないかチェックします。

13.エンジンが温まった後もう一度オイルレベルをチェックしてオイル交換終了。

手順を書くと長いですけど、作業は30分程度です。

オイル交換に必要なモノ
新しいエンジンオイル
・オイルフィルター(クローム/ブラック
・オイルフィルターレンチ(回すハンドルも)
・5/8インチのレンチ又は1/4インチのHEXレンチ
・オイル受け皿(オイルチェンジボックス)
・ウエスを数枚
・パーツ・ブレーキクリーナー
オイルドレンOリング

オイル交換にあると便利なモノ
・オイルリムーバー
フレキシブルオイルファンネル

といったところです。
 

copyright © 2009-2017 yokohama pine valley All Rights Reserved